*

Amazonギフト券を取り扱っている金券ショップはあるの?

街の金券ショップで電子ギフト券取り扱いについて聞いてみた

金券ショップ取扱い
街の金券ショップ業者を利用したことがある方はわかると思いますが、金券ショップ業者ではいろいろな金券が取り扱われていて、実際の金額よりも安く購入することができます。

主に取り扱われているのは商品券や新幹線などのチケットです。

ですから、すでに利用することが決まっているのなら金券ショップ業者で安くこれらの金券を手にいれて使うことで少しだけ安く買い物をしたり、新幹線に乗ったりすることができます。

そんな金券ショップ業者でのAmazonギフト券の取り扱いについてご紹介したいと思います。

 

Amazonギフト券を取り扱っている金券ショップ業者は少ない

これも実際に金券ショップ業者へ行ったことがある方はわかるかもしれませんが、街の金券ショップ業者ではAmazonギフト券を取り扱っているところが非常に少ないです。

これには明確な理由がありました。

Amazonギフト券は、カードにギフト券番号が記載されています。

このギフト券番号をAmazonのアカウントへ入力することで利用可能な状態になるのですが、そのAmazonギフト券が本物か偽物かを見極める方法が、アカウントへチャージするという方法しかないのです。

しかし、一旦Amazonギフト券はチャージしてしまうとそのアカウントでしか利用できなくなってしまいます。

つまり、金券ショップ業者がAmazonギフト券を買い取る場合に、そのAmazonギフト券が本物か偽物かを判断する方法が他にないので、最悪の場合詐欺被害に遭ってしまうおそれもあることから、金券ショップ業者にはAmazonギフト券がないことが多いのです。

 

Amazonギフト券を取り扱う金券ショップ業者はある

しかし、それでもAmazonギフト券を取り扱っている金券ショップ業者がない訳ではありません。

もちろん金券ショップ業者で販売されているAmazonギフト券は、他の商品券などと同じで実際の価格よりも少しだけ安くなっています。

でも、使う時には額面通りの金額のAmazonギフト券として利用できますので、もしもAmazonギフト券を使うのなら金券ショップ業者で購入してきて使ったほうが割安となります。

ただし、金券ショップ業者で販売されているAmazonギフト券の価格は、実際の価格の9割以上の値段はするので、大幅に割引されて販売しているというほどではありません。

ですから、3,000円程度の利用であれば金券ショップ業者まで足を運ぶという手間を考えたらあまりメリットはないかもしれませんが、ある程度高額な利用を考えているのなら、メリットがあると言えるでしょう。

 

 

Amazonギフト券の詐欺被害とは

詐欺の被害状況
Amazonギフト券に限らず、電子マネーを利用した詐欺被害が最近多発しています。

振り込め詐欺や不正請求に似ているのですが、現金ではなく代わりにAmazonギフト券のような電子マネーを要求されるということがあります。

そんなAmazonギフト券を利用した詐欺被害について解説したいと思います。

 

業界で見受けられる詐欺被害の実態

これまでの振り込め詐欺や不正請求による詐欺被害は、現金を振り込ませるという方法でした。

しかし、これらの詐欺が横行しすぎた為、警察やメディアで取り上げられることが多くなり、いまは一度に高額な現金を振り込むことができなくなったり、怪しい口座は即座に凍結させられてしまったり、振り込め詐欺被害を防ぐ為の情報などもかなり周知されてきました。

そこで、新たに考えられた詐欺の方法がAmazonギフト券を利用した方法という訳です。

他にもiTunesカードを利用した詐欺もあります。

Amazonギフト券を詐欺に利用することのメリットは、メールなどのやり取りのみで詐欺ができてしまうという匿名性や、銀行を介さなくてもAmazonギフト券を転売することで現金を手に入れられてしまうという点にあります。

また、銀行に振り込ませる振り込め詐欺の場合、必ず銀行からお金を引き出す必要があり、よく出し子が逮捕されるニュースを見かけますが、Amazonギフト券を使えば銀行やATMを利用する必要がない為、出し子すら不要となるのです。

 

プロ集団が行っている詐欺の方法はこれ

Amazonギフト券を利用した詐欺の方法はいろいろありますが、共通しているのは、Amazonギフト券のギフト番号を要求されるという点です。

たとえば利用した覚えのないアダルトサイトの利用料を請求するメールや電話がきて、その支払いをAmazonギフト券で行うように指示してくることがあります。

そもそも利用した覚えのないサイトの利用料金や登録料金は支払う必要がありませんが、万が一身に覚えがあったとしても、本当に利用しているのなら現金での支払いをするのが当たり前です。

それを、なぜかAmazonギフト券で支払うように指示され、Amazonギフト券のギフト番号を送るようにと言われたら間違いなく詐欺なので絶対にギフト番号を送ってはいけません。

もしも、誤ってギフト番号を送ってしまってからそれが詐欺被害だと気が付いた場合には、警察や国民生活センターなどへ被害を連絡しましょう。

 

法律家の専門に聞いてみた!詐欺被害を立件することは可能なの?

弁護士に相談
Amazonギフト券を使った詐欺被害に遭ってしまった場合、まずは警察や国民生活センターへ連絡しましょう。

そこから先の対応は状況によりますが、場合によっては被害額を取り戻すことができる可能性もあります。

ただし、Amazonギフト券詐欺の種類によって全くどうにもならなかったり、きちんと詐欺の立件ができる場合がありますので、どういう被害の場合に詐欺の立件ができるか、できないかなどをご紹介したいと思います。

買取業者の詐欺の場合

Amazonギフト券は、金券ショップなどではあまり買い取ってくれるところは少ないですが、インターネット上にはAmazonギフト券を買い取る専門業者がたくさんあります。

これらの業者がすべて詐欺業者だという訳ではありません。

しかし、中には詐欺まがいの業者が紛れていることも事実です。

たとえばよくあるのは買い取り金額の詐欺です。

業者のホームページにはAmazonギフト券を90%の金額で買い取るとあって、買取を依頼したとします。

しかし、実際に口座に振り込まれた金額はそれよりもはるかに少ない金額だとしたら、明らかに詐欺だと感じるでしょう。

しかし、この場合、巧妙な罠が仕掛けられています。

業者のホームページには目立つところに買取金額や利率を表記していますが、それとは別に利用規約などわかりにくいところにそれとは別の利率に関する条件などが記載されていることがあるのです。

もし、これを警察に詐欺被害として届け出を出したとしても詐欺の立件をするのは非常に難しいです。

なぜかというと、Amazonギフト券の買取を依頼する際に利用規約に同意してしまっているからです。

この方法が仮に100%詐欺だとしても、それを証明して詐欺の立件をするまでにはかなりの時間と労力がかかります。

 

不正請求による詐欺は取り戻せる可能性がある

アダルトサイトの利用料金など身に覚えのない料金を請求され、その支払いをAmazonギフト券で支払ってしまった場合、すぐに詐欺と気が付けば取り戻せる可能性があります。

それは、詐欺業者がAmazonギフト券をチャージする前にAmazonへ連絡をして事情を説明し、Amazonギフト券を再送してもらうという方法です。

しかし、詐欺業者も再送されてしまうことは分かっている場合が多いので、実際にAmazonギフト券を取り戻すということは難しいでしょう。

ですから、Amazonギフト券のギフト番号を要求された場合には、安易に対応してはいけません。
 

 

-