*

商品券買取との違いについて教えて!?

amazonのギフト券は、そのカードを使ってショッピングができるという特性から、商品券と同じ金券の分類になっています。

ですが、金券ショップではamazonギフト券買取をしてもらえないことからもわかるように、amazonのギフト券は、少し特殊な扱いになっています。
金券ショップ

 

その違いを詳しくみていきましょう。

 

お買い物の際に、お店の店員さんに直接手渡してお金と同じように使える商品券とはちがって、amazonギフト券はインターネット上のショッピングサイトでのお買い物にのみ、使える商品券になります。

もう少し詳しくいうと仮想通貨の種別になります。

この仮想通貨は「ギフトコード」と呼ばれるカードに記載されている16桁のコード、数字を入力して使う仕様になっています。

つまり、ここに書かれた数字がわかれば、そのギフトカード自体は手元になくても使えてしまうのです。

ですので、デジタルタイプのメールギフト券では、メールでこのコードを受け取り、買い物に使うことができるようになっています。

金券ショップでの買取ができない理由は、このコードを調べることが出来ないからです。

不正利用などで、このコードが抜き取られてしまうようなこともあるようです。この使い方の違いが、商品券とアマゾンのギフトカードとの大きな違いです。

 

また、有効期限があることも商品券との違うところです。

買取をした金券ショップから、有効期限内に売ることが出来ないと、金券の価値がなくなってしまうので損害を出してしまうことになります。

アマゾンギフト券買取業者は、買取をするギフト券が有効なものか、そうでないかを調べることが出来るので、買取ができます。アマゾンギフト券買取業者とのやりとりは、デジタルタイプのギフト券ですと、メールのみで完結します。

それができるのは、メールでこのコードを送ることで手渡したのと同じ状況にすることが出来るからです。

 

ここまでは、ギフト券の買取ができる業者を使うメリットを紹介してきましたが、最後に、アマゾンギフト券買取の際のお店選びに注意が必要な理由をご紹介します。

 

金券や商品券を扱うショップは「古物商」という許可と資格が必要になります。

つまり、法律で買取についての決まりが整備された状態にあります。

それに対して、アマゾンギフト券買取は、この法律に該当しません。

実物の「証券」のある取引ではなく、
アマゾンのギフト券が実態のない状態でも扱うことのできる「電子マネー」だからです。

 

クレジットカード現金化との手続きの大きな違いはあるの?

amazonギフト券の買い取りサービスと似たようなサービスに、クレジットカード現金化サービスがあります。

 

この2つの違いは何でしょうか?

 

まずクレジットカード現金化サービスの手続きについて、みてみましょう。

クレジットカード現金化とはクレジットカードで何らかの商品を購入して、現金化するサービスです。

クレジットの現金化には主に買い取り形式と、キャッシュバック形式の2つの方法がありますが、現在ではキャッシュバック形式が主流となっています。

キャッシュバック形式とは、現金化業者が指定する商品をインターネットで購入すると、購入者特典として購入金額の80%~95%程度がキャッシュバックされるサービスです。

現金還元率は業者によって異なりますが、80%~90%が相場です。

一方の買い取りサービスとは、クレジットカードでゲームソフトやブランド品など人気の高い商品を買って、それをリサイクルショップなどで買い取ってもらうサービスです。

amazonギフト券の買い取りサービスの場合、ギフト券をクレジットカードで購入した場合は、買い取りサービスの一つといえます。

 

クレジットカード現金化サービスは借金をしたくない人や、キャッシング枠が一杯で借り入れできない人に人気です。

しかし最近では、amazonギフト券の買い取りサービスを行う業者が増えており、こちらも同様に高い人気を誇っています。

ただamazonギフト券の場合は、誰かからプレゼントされることもありますし、ポイントを貯めて手に入れることも、コンビニエンスストアで現金で購入することも可能です。

このような場合は、クレジットカードを使っていませんから、クレジットカード現金化手続きとはいえません。むしろ不要な商品券や新幹線の回数券を、金券ショップで買い取ってもらうのと同じ感覚といえます。

 

ただ、クレジットカードでamazonギフト券を購入して現金化する人が多いのも現状です。

 

しかしクレジットカードで購入した商品を、決済が済んでいないのに現金化するのは認められていません。

というのもカードで購入した商品は決済が済むまでは、クレジット会社に所有権があるからです。
したがって決済前に勝手に売却することはできません。このことがカード会社にバレると、取引停止などの処分が行われる可能性が高くなります。

クレジット現金化でキャッシュバック方式が主流なのは、買い取りだとこのようなリスクがあるからです。

クレジットカードでギフト券を購入し、現金化する場合にはこのようなリスクがあることを頭に入れておきましょう。

-