*

ランキングサイトではわからない!?優良というべき買取店舗の共通点

ランキングサイトではわからない
 
昨今、贈り物の形で譲渡されることが多くなってきたのがamazonギフト券です。

大手通販サイトのamazonでの買い物で使用できるいわゆる金券の一種ですが、その性質上、通常の金券ショップでは買い取ってもらえないケースが多く見られます。
 
amazonギフト券には様々なタイプがあります。

カードタイプ、Eメールタイプ、プリントアウトタイプなどです。

通常、金券というのは一つの形態しかとりません。

つまり、紙幣のように印刷されたものがその本体であり、そのものに価値があるのですから、他の形状をとりようがありません。

ところが、amazonギフト券に様々なタイプがあるのは、物理的な実体に価値があるわけではなく、そこに印刷されたり記載されたりしているデーターに価値があるからです。

カードタイプにしても、カードそのものには価値がありません。

そこに印刷されている番号、すなわちデーターに価値があるのです。
Eメールタイプも同様で、そこに記載された番号に価値があります。

実体が無いのも同然ですから、通常の金券ショップで扱えないのは当然です。
 
しかし、こういった言わば電子データー状のギフト券を取り扱う業者が最近増えて来ました。

その多くはインターネット上に仮想の店舗を構え、メールなどのやり取りでギフト券の番号を買取り、代金は銀行口座に振り込むといった方法で営業しています。

つまり、対面でやり取りするわけではないのです。

こういった営業方法は、相手を信用しづらく、どのような業者を選んでいいか迷うところです。

実際、そういった営業方法に付け込んで詐欺を働くといった事案も起きています。

通常、こういった業者を選ぶ際にはランキングサイトを参考にすることが多いでしょう。

実際、amazonギフト券買取業者を換金率や振込みまでのスピードで格付けしたランキングサイトが多く存在します。
 
しかし、それを基準に業者を選ぶことは、ある意味で危険を伴う行為です。
 
amazonギフト券買取り業者は近年起こってきた比較的新しい業界であり、その判断基準もまだ確立されていません。

換金率が高いからといって良い業者とは限りませんし、振込みスピードが早いからと行って信頼できる業者とは限りません。

上位にあるからといって、即ち優良業者であるとは言い切れないのです。

amazonギフト券を売りたい際には、様々なチェックポイントから取引業者を選ぶことが大切です。

換金率が高い順番だったり、振込までの時間が短いという基準だけのランキングを鵜呑みにせず、口コミや評判をしっかりとチェックして、業者を選定することをオススメします。
 

 

レビューから読み解くamazonギフト券買取業者の可否

レビューから読み解く
 
さて、amazonギフト券の買取りという業態は比較的若い業界であることから、その業者を使用した経験がある人も、まだそう多くはありません。

従って、業者に対する口コミや使用してみてのレビューなどは、まだまだ数が少ないのが現状です。

最近業者の数が増えだした業界であるだけに、詐欺まがいの取引を行う業者も少なからず存在します。

中には、ギフト券の番号だけを送付させて振込みをしないという、完全にギフト券を騙し取るという手口を使っている詐欺業者もいます。

そういった詐欺業者は、詐欺行為を行った後に窓口となったホームページを削除して連絡を取れなくし、次の獲物を求めるために再び新たなホームページを立ち上げるということを繰り返しています。

つまり、その度に新しい業者であるように振る舞うので、そういった業者に対する口コミやレビューは存在しません。
 
ここに、優良業者とそうでない業者を見極めるポイントがあります。
 
単純に、ランキングサイトなどにレビューが数多く寄せられているものは、それだけ長い期間営業している証左であることから、少なくとも詐欺サイトではないという基準になると言えます。

少なくとも、詐欺行為を働いているようなサイトには第三者のサイトにレビューが寄せられることは無いでしょうから。

しかし、レビューが多いからといって即信頼に値する業者と早合点してはいけません。

利用者と偽って、その関係者がレビューを書いている可能性も否定できないからです。

ですから、レビューの中身を吟味しましょう。

一つには、良い意見と悪い意見がバランス良く含まれているかどうかです。

明らかな詐欺業者で無く、まともな商売をしている業者であっても、ユーザーにとっては不満がある場合があるものです。

「電話の対応が不親切」

「振込みまでの時間が当初言われていた時間と違う」

「ホームページの構成が悪く、手数料の詳細が分かりにくかった」

など、様々な不満の声が現れるのが常です。
 
もちろん、「良かった」「満足した」という声も同程度あることでしょう。

こういったレビューがバランス良く書かれている業者は、少なくともまともな商売をしていると判断しても良いのかもしれません。
 
この様にレビューだけを見ても、読み取れる情報は数多くあります。

ランキングサイトなどでは換金率や振込みスピードなどの単純な順位だけにとらわれず、そこに寄せられている体験談や口コミ、レビューを良く吟味して取引業者を選ぶようにすることをオススメします。

 

そのamazonギフト券買取り業者は信用に値する?判断の決め手は!

信用できる判断材料
 
では、口コミやレビューを見て、「不満」や「満足」といった意見が両方バランス良く含まれている業者だったとします。

さらに、換金率や振込みスピードにも不満が無かったとしたら、そのamazonギフト券買取業者を即信用していいものでしょうか?
 
こういった買取業者は、インターネット上での店舗で、メールでのやり取りだけで取引きが成立してしまう業態です。

つまり、対面で取引きを行う金券ショップと違って、実体がわかりにくいからこそ、信用するに値する決定的な材料が不足しているとも言えます。
 
では、最終的に数多ある業者の中から、大切なamazonギフト券を買い取ってもらう、信用に値する業者を選ぶには何が必要なのでしょうか。

まずは、上記の様に幾つかの買取業者を絞り込んだならば、そこに直接電話をしてみるということをオススメします。

ホームページを見て、電話番号が記載されているかチェックしましょう。

不明なこと、確認したことを問い合わせるための電話番号は必ず掲示されているはずです。

電話番号が記載されていない業者は、その時点で怪しい業者と認定しても差し支えないでしょう。

そして、その番号に電話してみてこれからの取引きの詳細を確認してみてください。

換金率や振込みまでの時間、手数料などを確認して、自分が売りたいamazonギフト券の額面を伝え、実際いくら振り込まれるのかを口頭で確認するのです。

そして、相手からはその後の取引きの進め方、申込みに必要な情報、身分証明書のコピーの添付方法などが伝えられるでしょう。

対面で無くても、相手と直接話しをすることで信用するに足る相手かどうかのある程度の判断が付きます。

ことさら愛想の良い返答を期待しなくてもいいですが、上記のような確認事項は、業者としてはスラスラと伝えることが出来て当然の情報です。

それに詰まったり、曖昧な返事をするようでは信用に値しないと言い切ってもいいでしょう。
 
さらに、そこで伝えられた金額や、手数料の内訳は、その後業者からメールにて送付してもらうようにしましょう。

口頭だけでは証拠が残らないため、振込み金額が電話で確認した額より低かった場合でも、言い逃れされてしまう可能性があります。

メールに記載されていれば、それが証拠となり言い訳できなくなります。

さらにこの要請自体が、信用がおける業者かどうかの判断材料になります。

まともな業者ならば、上記のような要請に快く応じてくれるでしょう。

しかし、詐欺まがいの商売をしている業者は証拠が残るような行為はしたがりません。

上記の様なメールを送ってくれない業者は相手にするのを止め、次の業者に電話することをオススメします。
 

参考相場を研究!買取業界の換金率っていくらなら納得できるの?で業界の相場を確認してみましょう。

 

-