*

クレジットカードなしでショッピングできる

ショッピング
 
巨大通販サイトとして日本に定着しているamazonですが、一部の商品はクレジットカードがなければショッピングできないシステムになっています。

たとえばマーケットプレイスという方法で販売されている商品は、クレジットカードなしでは買えないことがあります。

マーケットプレイスは、amazon本体が倉庫から出荷して販売するのではなく、amazonにネット店舗を出している販売業者の集まりです。

希少価値の高い本やCD、DVDなどが売られています。
特に、中古品の販売ではマーケットプレイスは利用価値が高く、全国各地に点在する中古販売店から品物を買うことができます。
 
ところが、このマーケットプレイスではクレジットカードでなければ決済できないものがあります。

こういった商品は、たとえば学生や収入の少ない社会人でクレジットカードを所有していない場合には手が出ないことがあります。

たとえクレジットカードを持っていても、オンラインでカードを登録することに不安を覚える人もいます。
 
そこで活躍するのがamazonギフト券です。
 
amazonギフト券を使うと、マーケットプレイスなどで販売されている商品も購入可能です。

ギフト券はamazonのサイトで買うこともできますし、コンビニやスーパーマーケットで購入することも可能です。
 
大きくカードタイプとシートタイプの2種類があります。

カードタイプは3000円から2万円まで幅広く提供されており、1円単位での購入も可能です。

期限は購入してから1年です。
amazonギフト券そのものには期限が記載されていないので使うには注意が必要になります。
 
シートタイプも多くのコンビニで取り扱いがあります。
2000円や3000円のものが良く売れています。

それ以上の金額は、5000円から1万円、2万円、2万5000円まで設定されています。

販売店舗によって多少のばらつきはありますが、おおよそ2万円程度までと考えれば良いでしょう。

シートタイプは3年の期限があります。これは購入日ではなく、発行日から起算するので注意しましょう。

amazonギフト券を使う大きなメリットは、手数料がかからないということです。

amazonでは現金支払いのときに代金引換を利用できますが、このとき代引き手数料として約300円かかります。

amazonギフト券を使えば、この手数料はかかりません。コンビニに行って購入する手間はかかりますが、無駄な手数料を支払わずに済むので便利です。

使い方は簡単で、ギフト券に記載された番号を、アカウントの登録窓に入力するだけで使えるようになります。

 

現金化は審査も来店も不要?

 
手元に現金がないのに急にお金が必要になることは珍しいことではありません。

緊急で実家に帰る必要ができることもありますし、急な飲み会や会合があることもあります。

手元に現金がなく、銀行口座の残高も少なく現金を工面しなければならないというときに、まず頭に浮かぶのは消費者金融機関という人も多いでしょう。

銀行のキャッシングサービスも近年は充実しており、テレビなどで盛んにCMが流れています。

こうした金融サービスを利用するには、一定のリスクがあります。

大きなものとして審査があります。
金融機関に融資を申し込みすると必ず審査があります。

年齢、住所、会社への勤続年数、住居は持ち家かどうかなどを厳しくチェックされます。

また実際にキャッシングを利用するにあたっては、カードの発行などで来店する必要が出てくることがあります。

近くにその金融機関の窓口がなければ、わざわざ遠出しなければいけません。

また、消費者金融業者からの借入には必ず金利があります。

利息として毎月決まった額の金利を返済しなければいけません。

多くの消費者金融で採用されているのは年利18%です。10万円を借りたら1万8000円の年利になります。

これを365日で日割り計算して、それに30、もしくは31を掛けた額が毎月かかる利息です。

およそ1479円程度になります。そこでamazonギフト券の現金化という手段が有効になります。
 
近年ではamazonギフト券を買い取る業者が増えており、利用価値が高いとして話題になっています。

銀行や消費者金融などで必要とされる審査はありません。メールタイプでやり取りすれば来店の必要もなく現金を手にできます。

多くの業者でギフト券が到着して当日または翌日に利用者の口座に現金を振込みます。
 
amazonギフト券はクレジットカードで買うことができます

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手にできることになります。

キャッシング枠を設定していない人、改めて審査を受けるのは嫌という人には利用する価値は高いと言えるでしょう。

ネットには多くのamazonギフト券専門の買取業者が存在します。

店舗によって換金率に差はありますが、amazonギフト券は人気の高い商品であるため、90%以上になっていることが多く、素早く現金化できるので便利です。

クレジットカードのショッピング枠を使った現金化は、金券ショップを利用するという方法もありますが、ショップそのものに来店しなければならないというデメリットがあります。

手間もかかりますし、交通費がかかることもあるでしょう。amazonギフト券の専門買取業者ではそういう手間は必要ありません。

 

資金調達としても利用できる

資金調達の利用法
 
急な出費が重なって生活資金が足りなくなることは珍しいことではありません。

遊びやギャンブルでお金を使ってしまったときに限って冠婚葬祭が重なるというのは、良くあることでしょう。

資金に余裕があれば何でもないことが大きなピンチを招くときがあります。

そういった際には、何らかの方法で資金調達をしなければいけません。

資金調達で真っ先に思い浮かぶのは消費者金融という人も多いでしょう。銀行からの借入という手段もあります。
 
しかし、金融機関からの借入には大きな壁があります。

金融機関からお金を借りる際には必ず審査があります。

社会人であれば、会社の規模から勤務年数、年収などが審査の対象になります。

固定電話のあるなしも審査にかかわります。
また、以前に金融機関からの借金で返済不能に陥った場合にはブラックリスト入りしているので、審査には通りにくいでしょう。

このような場合に、amazonギフト券を利用することができます。

amazonギフト券は利用価値が高いため、高い換金率で現金化することができます。

銀行や消費者金融から借入するには必ず審査がありますが、amazonギフト券を売る分には審査はまったくありません。

古物商との取引にあたるため、身分証明書の提示も必要ですし、住所や年齢といった個人情報も通知する必要がありますが、借入の審査ではありません。

無職の人でも、amazonギフト券を用意できれば現金化できます。銀行などから借入する際には家族に発覚する可能性がありますが、amazonギフト券の現金化ではそのような心配はありません。
 
また、消費者金融などからの借入には金利がつきます。
ほとんどの業者が採用しているのが年利18%です。10万円を借りたら、1万8000円の利息が自動的につくことになります。

amazonギフト券の現金化では、業者にもよりますが最高で90%程度の換金率になります。

10万円分のギフト券で9万5000円を手にできます。金融機関からの借入よりもお得ということになります。

ただし、近年ではクレジットカードの現金化を行う業者が多数amazonギフト券の買取業に乗り出しています。

中には悪質な業者もいるので注意しましょう。

目安となるのは古物商の認可番号です。amazonギフト券の買取は金券ショップや古本屋と同様に、公安委員会から古物商としての認可が必要です。

認可を受けている業者は必ず分かりやすい場所にそれを表示する義務があります。公式サイトにも分かりやすいところに表示されているはずです。

-