*

24時間リアルタイム送金ができるインターネットバンクがあると便利

ネットバンク
 
amazonギフト券の中には自分で使うことを想定した、チャージタイプのギフト券があります。

普通のamazonギフト券であれば、チャージするアカウントがわからないので、コードを入力してチャージしなければなりませんが、チャージタイプとして用意されているギフト券であれば、自分のアカウントだけにチャージされるので、買ったその時点でチャージされます。
 
一部のキャンペーン期間中は、チャージタイプamazonギフト券を、インターネットバンクで支払ってチャージすると、0.5パーセントから2パーセントのポイントをもらうことができました。

インターネットバンクからの振り込みであれば、手数料はかからず家のパソコンを使って金額を支払うことができるのでとても便利です。

 

チャージ型のギフト券なら手数料がお得!ネット銀行を使えばポイント還元

チャージタイプ入金
 
チャージタイプのamazonギフト券は、15円から50万円の間で1円単位で金額を指定することができます。

商品を購入してから、チャージしたギフト券に残高があると優先的にギフト券で支払うように設定されます。

普通に買う場合と比べると、手数料がかかりません。

amazonでは、毎回の買い物の時に手数料が324円かかるようになったので、インターネットバンクを使ってチャージ型のamazonギフト券を使えば手数料を浮かせることができます。
 
インターネットバンクを持っていれば、amazonギフト券を買い取ってもらい現金に換金する時だって、とても簡単です。

買い取り業者との取り引きの時には買い取った代金を指定した銀行口座へ送金してもらいます。

ところが、銀行への送金は平日の午前9時から午後3時までと決まっているので、すぐに現金が必要な時には送金されるまで待たなければなりません。

平日9時から午後3時の間に手続きができる環境の人は良いですが、日中に仕事をしている人ならば自由な時間はほぼありません。

amazonギフト券の買い取り業者にも昼休みの間に連絡することになるので、限られた時間の中で手続きをするのは大変です。

 

ネットバンクを使えば入金・送金がいつでもOK

この点で、インターネットバンクを持っていればとても便利で、午後3時を超えてから送金手続きをする時でもインターネットバンクならばその日のうちに入金されたか確認することができます。

インターネットバンクであれば、週末でも休日でも送金ができるのでとても重宝します。

さらに、インターネットバンクは24時間いつでも送金ができるのでamazonギフト券の買い取り業者に依頼する前には作っておいたほうが良いでしょう。

参考すぐにでも現金が必要なら即日買取を行ってくれる業者一覧から探せます。

 

買い取り業者からの振込は指定した金融機関へ

指定の金融機関
 
ここ数年amazonの人気が上がっているため、amazonギフト券の買い取り専門業者も増加しています。

amazonギフト券を換金できる業者も数年前までは数えるほどでしたが、今ではネット上でも約100社を超えています。

しかし、中にはだまし取ろうとする悪質な業者もいるため注意が必要です。

 

どんな買取業者なら安心して利用できるの?

amazonギフト券を現金に換える時には、優良店を選んで買い取り手続きを行なうようにすれば騙される心配はありません。

インターネットの買い取り事業を展開する専門店であれば、日本中どこからでもメールか電話でamazonギフト券の取り引きをすることができます。

たとえ優良店であっても換金率は90パーセントあれば良いほうです。

一部の買い取り業者は94パーセントから98パーセントの買取率を宣伝していますが、実際に連絡を取ってから15パーセントでの買い取りや、振り込む時に手数料や消費税を引いてくる悪質な買い取り業者もいるため注意が必要になります。
 
そもそも、優良店であれば振り込み手数料がかかることは少なく、人気の高い買い取り専門店であれば、全ての金融機関への振り込み手数料が無料です。

余計な手数料が掛らない分高い換金率を維持できるというメリットがあります。

現金を振り込む金融機関にも特徴があり、土日祭日を含む24時間対応の金融機関であれば、申し込んだその日に現金に換えることもできるでしょう。

金融機関が混雑している時には、現金が振り込まれるまでに時間かかることもあり、振り込みの時間は、金融機関によって変わってくるので一定ではありません。

 

買取店からの要求や公式サイトの記載に注意して!

慎重に
amazonギフト券の買い取りの時には、身分証明書を確認するように要求されますが、クレジットカードの詳しい内容を教える必要はありません

amazonギフト券の買い取り業者の多くは、元々古物の買い取りを行っていました。

amazonギフト券を買い取り現金に換える仕事は国の許可が無くても開業できます。

そのため、怪しい業者も増えているので、詐欺業者に騙されない為に出来ることをしっかりと行い、許可番号や法人名を明記して営業している買い取り業者を選ぶようにすれば、安全に取り引きができるかもしれません。

 

amazonギフト券買い取り業者の口コミを見ていると悪い評価が多いため、全ての業界がこのレベルかと思いがちですが、口コミも自作自演が多く、本当に質の良い買い取りを行っている店もたくさんあるので、よく調べてから利用するようにしましょう。

 

商店街の買物からネット通販、インターネット時代への革新

24時間対応のサイト
 
もともと、国内主要銀行の営業時間は世界でもトップクラスの短い時間しか営業していません。

世界から見れば日本の銀行はなんて不便なのかといわれていました。

 
利用者からの要望や銀行間のサービス競争や外資系のビジネススタイルなどにより窓口やATMが拡大されるようになり、コンビニでもお金の取り扱いができるように変わってきました。

その頃現金化を生業としている業者は実店舗を構えて行う営業スタイルだったため、店頭まで金券やブランド品を持っていき、その場で現金を受け取るというものでした。

 

しかし、2000年以降から時代はインターネットの時代へと急速に変化していきます。

 

自宅に居ながらインターネットで買い物ができるようになり、その決済方法も銀行振り込みやクレジットカードなど多様化してきました。

そのころ開始されたのがインターネットバンクですね。

出始めの頃は90%以上のひとが「インターネットでお金を預けるって危ない」とか「セキュリティが不安」とか「保証はどうなるの」とか思っていてだれも利用していませんでした。

なので、ネット銀行の普通預金の金利が信じられないくらい高かったものです。

たしかに当時ではセキュリティ上不安な要素はたくさんありましたが、それ以上に自宅から銀行間のネット送金やものすごく高い定期預金や外貨預金は便利で魅力的なものでした。

そういたネット銀行の努力の甲斐があってか、利用が増加していき、現在ではネット銀行のサービスが主流といっても過言ではありません。

さらに、楽天やヤフーオークションなどが国内ではトップシェアの市場に世界最大手のAmazonが参入してきます。

そのAmazonで利用できるのがamazonギフト券となります。

 

Amazonギフト券の価値はインターネットがなければゼロ

百貨店などの商品券は店頭に持ち込んで換金して現金を渡されるスタイルだったのですが、amazonギフト券自体がインターネット上で管理されるので実際に持ち運ぶことができない物もあります。

データ情報さえあればお金と同等の価値をもってAmazonで買い物する事ができるので利便性の高さは言うまでもないでしょう。

商品券以上に利用者がいるのは百貨店よりもAmazonの方が品揃えがあり、欲しいと思う商品が間違いなくあるという事です。

 

これだけの需要と供給があるのにもかかわらず通常の買取ショップで取扱いがされないのはamaoznギフト券が使用済みかどうかの判断ができないというのもありますが、amaoznギフト券の買取後の販売ルートや方法が確立できていないという理由が大きそうですね。

そのギフト券の買取を行う際に便利なのがインターネットバンクというわけなんです。

インターネットがこれだけ普及しているからネット銀行の価値が発揮できるのですからamaoznギフト券の現金化をするときに使わないのはもったいないです。

 

ネット送金では銀行の営業時間帯にかかわらず、24時間送金できて反映され、即ATMで引き出せます。

さらに、現在では買取店のほとんどがネット銀行を活用していますので対応可能です。

時代の変化に対応してサービスを提供しているので今後ますます便利になってくるかもしれません。

2018/09/05