*

中古では使える場合と、使えない場合があるのをご存知ですか?

中古
 
amazonはECサイトの最大手で、とにかく商品の種類が多いのが魅力です。

新品が多いだけでなく中古、コレクター商品も多く出品されているので、ECサイトの中でまずamazonの品揃えをチェックする人も多いでしょう。
 
amazonギフト券はamazonで使える支払方法の1つで、カードタイプはコンビニでも販売されています。

クレジットカードがない人でも気軽にamazonでの買い物を楽しめるのです。

このアマゾンギフト券はamazonの全ての商品で使えるのではなく、中古品だと使えないケースがあります。

マーケットプレイスはamazon以外の出品者が商品を売る場で、中古や新品など商品は多岐にわたっているのです。
 
このマーケットプレイスの出品者は大きく3つに分けられ、1つ目の個人出品者は名前の通り個人で出品している人たちです。

不要になったものを気軽にマーケットプレイスに出品できる仕組みなので、多くの人が参入しています。
 
2つ目はプロマーチャントで、こちらは大口出品者とも呼ばれていますが、あまり目にする機会はありません。

その理由は3つ目の出店型出品者と関係していて、出店型出品者は他の小売店などがマーケットプレイス内に店を構えるイメージです。

有名な家電量販店や書店の名前をマーケットプレイスで見たことがある人もいるでしょうが、これは典型的な出店型出品者の例です。

もっとも、2012年以降はプロマーチャントを見かける機会は少なく、これはamazonの出品者の登録に関する仕組みが変わったからです。

プロマーチャントも出店型出品者のように多くの商品をならべる形態ですが、扱いは個人出品者に似ていました。

そのため、プロマーチャントはどっちつかずのような立場に置かれていましたが、2012年11月頃のシステムの改正があって、それ以降に登録した出品者は小口か大口かの2つに分けられるようになったのです。
 
小口は個人出品者、大口は出店型出品者のことを指していて、2012年11月以降に登録した出品者にプロマーチャントは存在しません。

マーケットプレイスでは、出店型出品者の商品のみアマゾンギフト券が使えると限られています。

個人出品者、そして2012年11月以前にプロマーチャントになった出品者は、amazonギフト券は使用できません。

そのため、amazonギフト券をマーケットプレイスで使用するなら、支払方法のチェックは欠かせないでしょう。

 

通販で購入するケース

通販
 
amazonギフト券は購入方法が幾つもあります。

単純にamazonギフト券を使って支払いをするならチャージタイプが最も便利です。
 
しかし、通販で購入するタイプのamazonギフト券も根強い人気があるのです。

グリーティングカードタイプ、ボックスタイプ、封筒タイプ、マルチパックなどは手元に届いてから、番号を打ち込んでチャージする形式です。
 
グリーティングカードタイプは誰かにプレゼントする時に使うタイプの商品なので、個人で使うために購入する人はまずいないでしょう。

グリーティングカード、化粧封筒が無料で付属していて、デザインも豊富なので様々な場面に合わせて使えます。
 
ボックスタイプはamazonギフト券が小型のボックスに収められた形で届き、ボックスのデザインは様々です。

ボックスタイプもプレゼントに適した形態ではあるものの、ボックス目当てで購入する人もいます。
 
封筒タイプは名前の通り封筒にamazonギフト券が入った形の商品で、グリーティングカードタイプなどに比べるとシンプルなのが特徴です。
 
マルチパックはamazonギフト券が10枚セットで届く品で、多くの人にamazonギフト券を配りたい場合に役立ちます。
 
Eメールタイプでのアマゾンギフト券が1円単位でチャージ額を選べるのに対して、通販で購入できるものはチャージ額が固定されています。

 
もっとも、販売されているタイプによってチャージ額の方もやや異なっているので、購入の際にはデザイン以外にチャージ額もチェックしたいポイントです。

また、グリーティングカードタイプやボックスタイプは代金引換に対応しているので、クレジットカードを所持していない人でも利用しやすいでしょう。

そのため、代金引換に対応しているamazonギフト券を自分のために購入する人も珍しくはありません。

代金引換は手数料がかかるのがデメリットですが、マルチパックなどでamazonギフト券をまとめて購入しておけば、代金引換ではなくamazonギフト券で支払えます。

amazonギフト券で購入すれば代金引換の手数料を支払う必要はないので、よく代金引換を利用する人ほどお得なのです。

クレジットカードを持っていない、もしくはクレジットカードをインターネットで使うのは情報漏洩などのトラブルに繋がりそうで嫌だという人も多いですが、そのような人に向いているのが通販を用いてamazonギフト券を買う方法です。

-