*

要チェック!初めての人でもamazonギフト券を上手に使うテクニック

上手に使う
 
Amazonギフト券は、プレゼントとしてもらったりあげたりすることが出来る便利なギフト券です。

Amazonには書籍から化粧品、電化製品などありとあらゆるものがありますので、Amazonギフト券があればいろいろな買い物ができ、プレゼントするととても喜ばれます。
 
そこで、Amazonギフト券の利用方法を解説していきたいと思います。
 
まずAmazonギフト券ですが、インターネット上で購入できるものとコンビニなどの店頭で購入出来るものの二種類があります。

インターネット上で購入出来るAmazonギフト券は、パソコンやスマホから簡単に購入ができますが、この場合はさらに二種類のAmazonギフト券があります。

ひとつめはデジタルタイプと言って直ぐに利用出来るAmazonギフト券です。

そしてもう一つは配送タイプといって、Amazonギフト券が直接送られてくるものです。

どちらも価値は変わりませんが、現物でプレゼントをしたい場合などには配送タイプが利用されることが多いようです。

ただ、配送タイプの場合はAmazonギフト券が届くまで利用することができません。

そして、コンビニなどの店頭で購入することが出来るAmazonギフト券は、現金での購入が可能なので、クレジットカード決済をしたくない、あるいはできないという方はこちらの購入方法になります。
 
Amazonギフト券の利用方法ですが、Amazonギフト券には16桁の番号が記載されていますので、この番号をAmazonにログインして入力します。

あらかじめギフト番号を入力してから購入するものを選ぶこともできますが、購入したいものを見つけて購入手続きのタイミングでギフト番号を入力することもできますので、どちらの利用方法でも問題ありません。

ギフト券番号を入力して決済画面へ進むと、商品代金や配送料・手数料の合計金額からAmazonギフト券の金額が差し引かれる形となります。

もし、その商品の購入にはAmazonギフト券を使いたくないという場合は、決済の支払い方法でAmazonギフト券のチェックを外すと通常の決済となるので、使いたい時に使うことができます。
 
また、Amazonギフト券にはチャージタイプというものがあって、Amazonアカウントへギフト券の金額をチャージして使うという利用方法もあります。

チャージタイプのAmazonギフト券は、キャンペーン期間中だとAmazonポイントで還元される場合があります。

参考どのギフト券がよいのか迷ったらこれから購入する人は必見、人気の種類はどれ?

 

amazonギフト券でおつりはもらえるの?

おつり
 
よくデパートやお店で使うことができる全国共通の商品券などは、お店で利用した場合におつりがもらえないタイプがあります。

こうした商品券を使う場合、おつりをもらえないと損をしてしまいますので、商品券の金額ピッタリか、それ以上の金額の買い物をしてはみ出た金額を現金で支払うなどします。

全額使えないともったいないという理由で、余計な買い物をしてしまう為、こうしたおつりの出ない商品券は少々厄介なものです。
 
しかし、amazonギフト券はおつりが出るので一度に全額利用する必要はありません。
 
厳密にいうとおつりというよりも、買い物をする時にamazonギフト券の金額が差し引かれますので、残った金額は次の買い物利用時にまた使うことができるという仕組みです。

たとえばamazonギフト券が5,000円分あって、今回2,000円の買い物をするとします。

この2,000円の支払いに対してamazonギフト券を利用するとamazonギフト券の残高は3,000円になりますので、次回また使える金額が3,000円、自分のamazonのアカウントに残ることとなります。

このamazonギフト券のおつりですが、残額を現金で受け取るといったことはできませんので注意しましょう。
 
また、amazonギフト券のおつりには有効期限が存在しています。

有効期限を過ぎてしまうと、自分のamazonアカウントに残っていたamazonギフト券のおつりは消えてしまいますので、利用できなくなります。

amazonギフト券のおつりの有効期限ですが、2017年4月24日以降に発行されたamazonギフト券であれば10年間となっています。

Amazonギフト券を使ったり、おつりが発生したり、チャージをした日からではないので有効期限を超過してしまわないように注意しましょう。

現在、全てのamazonギフト券の有効期限が10年となっている為、ギフト券の種類によって変わることはありません。

しかし、2017年4月24日以前に発行されたamazonギフト券においては有効期限がそれぞれ違います。

たとえば法人向けのamazonギフト券は有効期限が二年間と通常のものよりも一年長く設定されていたり、コンビニなどで購入できるamazonギフト券のシートタイプは法人向けのamazonギフト券よりもさらに長い三年間に設定されていたりします。

これらのamazonギフト券のおつりの有効期限は、amazonアカウントにログインして確認することができます。

おつりの有効期限を超過してしまわないようにするには、支払いの際にクレジットカードと併用して、残高を使い切ってしまうのが一番安全です。

 

Kindleでamazonギフト券は使える?

Kindleで利用
 
amazonといえば、電子書籍のKindleがとても便利で人気があります。

わざわざ本屋さんへ行かなくてもクリック一つで書籍を読むことができます。

そんな便利なKindleですが、書籍を購入する際にamazonギフト券が使えるか使えないかが気になるところです。

インターネットでKindleにamazonギフト券が使えるかどうか調べてみると、使えないと言って困っている方もいらっしゃいます。

しかし、Kindleでの書籍購入にamazonギフト券が使えることは間違いありません。
 
そこで、Kindleのコンテンツを購入する際にamazonギフト券を利用する方法を解説していきたいと思います。
 

Kindleでamazonギフト券は間違いなく使える

 
Kindleでamazonギフト券が使えないと言っている場合は、おそらく決済方法のところでつまずいている可能性があります。

それは1-Click注文です。

amazonの1-Click注文は支払い方法などがamazonに登録されていて、あれこれ手続きをしなくてもワンクリックで買い物が完了してしまうという非常に便利なシステムです。

しかし、この1-Click注文の場合は事前に設定してあるクレジットカードで自動的に決済されてしまいます。

ですから、Kindleの書籍などの購入でamazonギフト券を使う場合は、先に1-Click注文の設定変更する必要があるんです。
 

1-Click注文の設定変更

クリック
 
まずはamazonのアカウントにログインしたらアカウントサービスにある「1-Click設定の変更」を選びます。

1-Click設定の変更画面にたどり着くと、配送方法や支払い方法の変更が可能となっているので、支払い方法の変更ボタンを押して「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」にチェックを入れて「次に進む」を押します。

これは、amazonギフト券が電子マネー扱いとなる為です。

ここまでの設定で、次からKindleで何かを購入する際にはamazonギフト券が利用されることになります。

ただし、一点気を付けなくてはならないのが、アカウントにamazonポイントが残っていた場合は、amazonギフト券よりも先にamazonポイントが優先して利用されてしまいます。

なお、商品を購入した際にポイントやギフト券からそれぞれいくら利用したかは、支払い情報で詳細が確認できます。

-