*

買取サービスの業者を利用するメリットってどんな事があるのか教えて

教えて
 
amazonギフト券はAmazonをはじめとして、いろいろなサービスで活用できるのであれば便利なアイテムといえます。

しかし購入しても全く使っていない人もいるでしょう。

当面使用する予定がなければ、amazonギフト券の買取サービスを利用することも検討してみるといいでしょう。

 

amazonギフト券の買取サービスを利用するメリットはいろいろとあります。

まず大きいのは、不要なギフト券を処分できるメリットです。

 
amazonギフト券を持っているけれども使っていない、余っていて自分では使いきれないという悩みを抱えている人はいませんか?

amazonギフト券は有効期限があるので、使わずにその期限を迎えるとただの紙くずになりかねません。

有効期限が来るのをただ黙って指をくわえてみているのであれば、買取サービスを利用して現金に換えてしまえばいいでしょう。

 

現金であればどこでも買い物するときに使用できますし、有効期限を気にする必要もないです。

この現金に交換できるのも、amazonギフト券の買取サービスを利用するメリットの一つといえます。

 
amazonギフト券の場合、基本的にAmazonであれば各種サービスで利用可能です。

しかしそのほかのオンラインショッピングや実店舗で買い物するときには利用できません。

amazonギフト券を現金に換えてしまえば、どこでもいつでもショッピングを楽しめます。

 
amazonギフト券の買取サービスを見てみると、その大半がオンラインサービスです。

ですから自宅に居ながらにして手続きを完了できる点も注目ポイントです。

 

「amazonギフト券の買取サービスを利用するのに興味があるけれども面倒そう…」と思っている人も多いでしょう。

しかしオンラインの手続きであれば、自宅から一歩も出ることなく買取をお願いできます。

 
身分証明書の提示が必要ですが、これも写メを使えば自宅の中で行えます。

パソコンのほかにもタブレットやスマホを使って買取サービスを利用できる業者もありますから、これなら外出先のちょっとした時間を使って、買取サービスを利用できるでしょう。

 

オンラインサービスのメリットとして、24時間・365日いつでも買取サービスの利用できる点も着目しましょう。

買取サービスを利用したいけれども、日中はずっと仕事で深夜や早朝でないと自由な時間がないという人でも、オンラインのamazonギフト券買取サービスであればいつでも手続きできます。

 

このようにいくつものメリットがあります。

 

 

amazonギフト券の買取サービスにはデメリットもあるので知っておく必要もあります

知っていますか?
 
先ほども紹介したようにamazonギフト券の買取サービスはメリットがいくつもあります。

使い勝手が良くて利用している人も増加傾向にあります。

 
しかし、amazonギフト券買取サービスはメリットの一方でデメリットもあることは頭に入れておくべきです。

メリットデメリットの両面を見て、買取サービスを利用すべきか、タイミングは今か検討することです。

 

まず売却できる先が限定される点です。

amazonギフト券のような金目のものを売却する場合、近くの金券ショップの利用をイメージする人も多いかもしれませんが、金券ショップではamazonギフト券の買取に対応していないところが多いです。

カードタイプのものであれば引き取ってくれるところも見られます。

しかしメールアドレスタイプのものの場合、それが使われていないか確認する手段がないので本当は価値のない物をつかまされるリスクが金券ショップ側にはあります。

このような事情もあって、金券ショップで買取をしてくれません。

 
amazonギフト券の買取サービスを実施しているところもあるにはありますが、オンラインスタイルのものが中心です。

自宅で手続きを進められるメリットがありますが、中にはデメリットに感じる方もいるでしょう。

 
例えばオンラインスタイルの場合、対面方式ではないところがデメリットといえます。

対面式の場合、いろいろとサービス内容や手続きでわからなくなった場合確認しながら確実に行えます。

しかし一切顔を合わせずに手続きを進めるとなると、不安に感じる人もいるでしょう。

amazonギフト券は金銭的な価値のあるものですから、手放すときに一切相手の顔を見ないことが心配という意見もしばしば見られます。

 
またオンライン形式のamazonギフト券買取サービスのデメリットとして、インターネットの使えない人は利用できない点も注目です。

自宅にパソコンがない、そもそもインターネットの回線を引っ張っていない場合は利用できません。

また普段からパソコンなどのデバイスを利用していない人には、ハードルの高いサービスに感じられるでしょう。

何とか申し込みフォームに必要事項を入力できても、身分証明書の提出で困る人も出てくるかもしれません。

 
オンラインのamazonギフト券買取サービスの場合、写メなどで撮影してその画像データを添付して提出する方式をとっています。

写メの撮影の仕方が分からない、どうやって画像データを添付して提出すればいいかわからないと、サービス利用できないデメリットがあります。

 

悪質な買取業者は最大のデメリット!気を付ければ見分けられるもの?

悪質な業者はやっかい
 
このようにamazonギフト券買取サービスにはメリットデメリットの両面があります。

デメリットの中でもしばしば指摘されるのは、買取サービスを行っている業者の中には悪質な営業を行っているところもある点です。

 
大半の買取サービスはきちんとしたところですが、一部悪徳業者のあるのは事実です。

amazonギフト券の悪徳業者を利用した体験談を見てみると

 
「最初に聞いていた買取価格よりも安い金額しか振り込まれなかった」

「amazonギフト券をメールで送ったのに買取代金が振り込まれなかった」

という意見も投稿されています。

 
amazonギフト券買取サービスに限ったことではないですが、実態がよくわからないインターネット買取サイトではこのようなデメリットはどうしても付きまといます。

ただし悪徳業者にはいくつか特徴があります。

この特徴を頭の中に入れていれば、amazonギフト券の悪徳買取業者に引っかかる心配はかなり低くなるでしょう。

 
悪質業者の見分け方としてポイントになるのは、メール・電話で必ず確認することです。

その中でも少なくても2点「実際に口座で確認できる金額」と「振込までにかかる時間がどのくらいか?」は確認しておくことです。

電話だけの場合、言った言わないの水掛け論になりかねません。

そこでメールでやり取りをするのがおすすめです。

もし最初に言われていたのと話が違った場合、メールが証拠になるからです。

証拠が手元にあれば、買取サービスも下手なことはできなくなります。

 

悪徳買取業者のもう一つの見分け方として、換金率の高さがあります。

優良店を見てみると、換金率は80~90%といったところが相場のようです。

90%をはるか超えるような換金率を宣伝コピーに使っているのであれば、何か裏があると思って注意したほうがいいでしょう。

このような換金率の高さでお客さんをひきつけ、いざ手続きをしてみると事務手数料だ何だといろいろな名目でお金をとって、結局換金率は低かったというケースも見られます。

中には結果的に換金率10%台だったというケースも口コミサイトでは見られます。

相場よりも低いところはもちろんですが、あまりに高すぎるところも利用しないほうがいいでしょう。

 
何か気になることがあれば、どんどんその業者に問い合わせることです。

 
もしその結果あいまいな回答しかよこさないのであれば、そのサイトは利用しないほうがいいです。

悪質な営業をしている業者があるので、このようなデメリット・リスクのあることを頭に入れて利用することが大事です。

 

-