*

規則・細則を理解したうえで利用しよう

規則の理解
 
アマゾンギフト券を購入するにあたって、利用規約や細則がアマゾンのホームページなどに記載されています。

アマゾンギフト券を利用するにあたってのルールになりますので、これを順守したうえでショッピングを楽しみましょう。
 
利用規約の中にはアマゾンギフト券を使用するにあたって、禁止行為もいくつか記載されています。

もしこのルールを破るといろいろなペナルティを科せられる可能性も出てくるので注意しましょう。

結構アマゾンギフト券のユーザーの中には、この利用規約や細則を確認せずに使っている人もいるようです。
 
アマゾンギフト券ですが、インターネットで検索をかけてみると「アマゾンギフト券を換金する方法」といったサイトがヒットします。

アマゾンギフト券をアマゾンでショッピングするのではなく、このように現金化することは規則違反ではないのかと心配になる人もいるでしょう。

実はアマゾンギフト券の細則を見て見ると、

「ギフト券の金額を補充する、ギフト券を対価でもって譲渡すること、換金することはできません」

「アマゾンサイトのアカウントのみ使用残高は譲渡できない」

と記載されています。

ちょっと難しい言葉が含まれていますが、簡単に言ってしまうとアマゾンギフト券は再販売とか換金することを禁止しているわけです。

ちなみにもしアマゾンギフト券の規則に違反する使い方をした場合には、ペナルティが課せられます。

このペナルティについても細則の中で記載されていて、アマゾンアカウントの剥奪もしくはギフト券の無効かと記載されています。

となると、現在アマゾンギフト券の買取を実施しているマッチングサイトなどはすべて無効にされる恐れがあるわけです。

ではなぜこの手のマッチングサイトがアマゾンギフト券の規則では認められていないことを行えているかですが、アマゾンの規則では禁止にしているものの、実際には規制に乗り出していないからです。

たとえば車を運転していて、駐車違反やスピード違反をした人が片っ端から全員反則切符を切られることはありません。

つまり厳密にいえば違反を起こしても、その程度の問題で実際にペナルティが課せられないこともあるわけです。

インターネットの情報を総合すると、アマゾンがアマゾンギフト券の現金化・換金をすべて規制するとは考えにくい状況といえます。

ただし、万が一アマゾンギフト券の買取サービスを利用するのであれば、このようなリスクもあることも頭の中に入れたうえで利用するかどうか検討しましょう。

参考安心して即日で利用できる業者をお探しなら一覧から比較できます。

 

アマゾンギフト券を利用するのは損?得?

どっちがお得
 
アマゾンギフト券をお得に利用したいと思っている人が大半のはずです。

しかし実際にアマゾンギフト券を使ってショッピングをしている人の中には、結局損をしているというケースもしばしばみられます。

アマゾンギフト券でショッピングして損しないようにするためにポイントになるのは、お釣りです。

このお釣りをいかに無駄なく活用できるかが、アマゾンギフト券でお得にショッピングするためのコツです。
 
990円の商品を買物して、1000円札を出せばお釣りとして10円戻ってきます。

これと同じことがアマゾンギフト券を利用した場合にも起こります。

ただし通常のショッピングとは違って現金でお釣りを手に入れることはできません。

アマゾンギフト券を利用するにあたって、アカウントに登録するはずです。

このアカウントの中にお釣りが入る仕組みになっています。

もしアカウントを持っている人がいれば、一度自分のお釣りを確認してみましょう。

何度もアマゾンギフト券を使ってショッピングをしている人は、それなりにアカウントの中にお釣りのたまっている可能性もあります。

もしアカウントにお釣りがあれば、できるだけ早く使い切ってしまったほうがいいでしょう。
 
というのもアマゾンギフト券同様、お釣りにも有効期限が設けられているからです。
 
法人向けタイプは2年・シートタイプは3年間ですが、そのほかの主要なアマゾンギフト券の有効期限は、そのギフト券が発行されてから1年間となります。

追記2017年4月24日以降は10年となっております。

もし1年経過してしまうと、アカウントの中のお釣りは無効となってしまいます。

これは大変もったいないことです。

アカウントのお釣りを確認して、ショッピングするときにどんどん活用することがポイントです。

お釣りをゼロにすること、これがお得にアマゾンギフト券を使ってショッピングするための基本です。

そのためには、ほかの支払い方法と併用して代金を払う方法がお勧めです。

アマゾンギフト券のお釣りですが、チャージタイプのギフト券や電子マネー、代金引換などと併用して支払いをすることも可能です。
 
その中でも特におすすめの方法として、クレジットカードと併用して代金支払いをするものがあります。

クレジットカードと併用すれば、カード情報をアカウントに登録して自動的にお釣りだけでは支払代金全額支払いきれない時に、クレジットカードに切り替わって決済することができるからです。

手数料なども発生しませんし、スムーズにお釣りを使い切ることができるわけです。

ただし、誤解が多いですがクレジットカードとの併用ですがクレジットカードで行う現金化とは全く違うものになります。

-