*

今からやってみよう!自分でできるギフト券の買取方法を紹介

自分で換金
 
amazonギフト券を持っていて不要だから手放したい、現金が必要なので換金したいと思っている人はいませんか?

その場合には、amazonギフト券の買取サービスを利用しましょう。

自分でサービス利用できるのか不安という人もいるでしょうが、まず問題なく手続きできます。

amazonギフト券の買取サービスですが、2系統に分類できます。
 
インターネットを使った方法と、店舗に持ち込んで買取してもらう方法です。
 
両者を比較した場合、9割以上はインターネットの買取サービスで占められています。

インターネットの場合、来店する必要なくすべての手続きが可能です。

オンラインで名前や電話番号、メールアドレス、買取希望金額などを申し込みフォームに入力して送信します。

パソコンのほかにもスマホを使って手続きできるサイトもあります。

そして本人確認の手続きを行います。

運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの顔写真付きの身分証明書を準備します。

写メなどを使って本人確認書類を撮影して、その画像データを添付して送信します。

ここまで手続きが完了したところで、amazonギフト券を転送します。

この時額面やギフト券に記載されている番号、ギフト券の有効期限などの情報を提供します。

インターネットのamazonギフト券買取サービスはメールアドレスタイプのものに限られ、カードタイプの場合は店舗への持ち込みしか利用できないので注意しましょう。

ここまでの手続きが問題なく完了すれば、買取代金の支払いです。

ネットの場合、皆さんの指定する預金口座に振り込みという形をとるのが一般的です。

店舗持ち込みの場合、その場で現金手渡ししているところが多いです。

もし近くに店舗があってすぐに現金が必要な場合などは利用してみるといいでしょう。

土日祝日の場合、銀行振り込みだと直近の営業日にならなければ振り込みは反映されません。

しかし店舗持ち込みであれば、その場で現金が渡されます。

店舗持ち込みの場合も、上で紹介した流れで一緒です。

ただし自宅ではなく、店に行って手続きをするところが異なります。

身分証明書などは実物を見せる形になりますので、買取店に立ち寄る際には忘れずに持参することです。

近くに金券ショップがあるという人もいるでしょう。

こちらでamazonギフト券の買取を実施しているのではないかと思っている人もいるかもしれません。

しかし結論から言うと、まず金券ショップではamazonギフト券の買取を実施していないので注意しましょう。

 

電子マネーを現金化することは果たして可能?

電子マネー換金
 
キャッシュレスで手軽にショッピングできるということで、電子マネーを普段から愛用している人は多いでしょう。

端末にカードなどをかざすだけでいいので、スマートなショッピングが楽しめます。
 
しかし電子マネーを使ってすべてのお店でショッピングできるわけではありません。
 
例えば個人商店のような小規模店舗の場合、システムを導入していないところもたくさんあります。

買い物したいけれども電子マネーの使えないお店だった、現金で支払うにも手持ちがないということで困ったことはないですか?

そのようなとき電子マネーのチャージがあれば、現金化できないかと思う人もいるでしょう。

電子マネーは今では数種類出ています。

その中でもポストペイとプリペイド方式の2種類に大別できます。

ポストペイ方式は、電子マネーを使うと後でその代金を支払う方式です。

プリペイド方式とは前もってチャージしておいて、そのチャージした範囲内で買い物できるスタイルのことです。

現在主要な電子マネーを見てみると、プリペイド方式を採用しています。

もし後でいちいち手続きするのが面倒だと思えば、まとまった金額をチャージしてしまうこともプリペイド方式の場合可能です。

ただし後で現金が必要になったとき返金手続きができません。

基本的にどのプリペイド方式の電子マネーでもNGのはずですが、一部交通系のプリペイド電子マネーの場合、入金の取り消しのできるものもあります。

しかしそれでもチャージした当日でないと取り消しできないとか、直近の入金分しか返金してもらえないなどの制約が伴います。

自分で電子マネーの現金化をするのは、上のようなシステム上の問題もあってできません。

しかし業者を使えば、現金化することも可能です。

実は電子マネーのチャージ分の金額を買い取ってくれる業者がいくつかあります。

こちらのサービスを利用すれば、電子マネーのチャージ分を現金と交換することが可能です。

いくつか電子マネーの買取を行っている業者があります。

どこを利用するか迷った場合には、換金率をチェックするといいでしょう。

もちろんですが、換金率の高い業者で現金化したほうがお手持ちの電子マネーを効率よく現金に換金できます。

中には90%台の換金率で買取しているところもあります。

電子マネー換金業者のランキングサイトも出ていますので、こちらで評判のいい業者を比較して利用先を絞り込むといいです。

一部換金できる電子マネーの種類を限定しているところもありますので、自分のものは現金化できるかもチェックしておきましょう。

 

電子マネーなどの買取サービスを利用する場合の3つのポイント

サービスのポイント
 
このように電子マネーなどの買取サービスを行っている業者は多く、ほとんどのところがまっとうな営業をしていますが、一部悪質な営業スタイルをとっているところもあるかもしれません。
 
そのような悪徳業者に騙されないために気を付けたいポイントが主に3つありますので頭に入れておきましょう。
 
最初のポイントですが、換金率です。

例えば1ポイント=1円のキャッシュバックシステムがあって、買取業者に3000ポイント還元する場合3000円が支払われることはあり得ません。

このようなことをすれば、買取業者にもうけはなく、すぐに破綻してしまうからです。

そこで換金率をチェックすることが大事です。

電子マネーやキャッシュバックポイントごとに、おおよその換金率の相場があります。

その相場とあまりにかけ離れた換金率を提示しているところは候補から外しましょう。

低いのはもちろんのこと、高い換金率のところも候補から外すべきです。

相場よりもかなり高い換金率を提示しているところは、手数料などいろいろと名目をつけて差し引き、結局相場よりも実際は低かったということも起こり得ます。
 
2つ目のポイントは手続きに必要な時間です。

申し込みから現金振り込みまでの時間がどのくらいかかるかをチェックしましょう。

実は買取サービスを行っている業者のサイトを見てみると、「最短5分」とか「10分でお振込み!」と書かれているものも見られます。

しかし5分10分で現金が振り込まれるケースは多くなく、どんなに早くても1時間程度はかかるというのが一般的な見方です。

5分や10分というのは何度もそのサービスを利用していて、お客さんの情報が登録されていて出来るものです。

初めて利用する場合には早くて1時間、場合によっては振り込みは翌営業日ということもありうると思ったほうがいいでしょう。
 
最後のポイントは接客対応です。

自分のキャッシュバックポイントや電子マネーを売却する、つまりお金を動かすのですから安心して信用して売却できる業者かどうかは無視できないポイントといえます。

丁寧で評判の買取業者を見てみると、応対が丁寧・問い合わせをした場合に迅速にレスポンスをよこしてくれる・買取金額と振込までにかかる時間を前もって説明してくれる特徴が見られます。

店員とコミュニケーションをとって「大丈夫そうだな」と思えるところに電子マネーなどの買取をお願いすべきです。

このようなポイントを留意すれば、納得できる買取ができるはずです。

参考楽天ポイントがあればamazonで買い物ができるその方法は!?
 
参考セブンイレブンでamzonギフト券が無料!電子マネーで買えるのはセブンイレブンだけ!

-