*

相場を研究!買取業界の換金率っていくらなら納得できるの?

業界の相場
 
個人の生活費の資金繰りにおいて、金券の現金化の世界に一石を投じた存在。
 
それがamazonギフト券だと言ってもいいのかもしれません。
 
世界最大の通販サイトであるamazonで使える金券であるamazonギフト券は、Eメールでも送付可能な便利なギフト券です。

従って、手軽なギフトとして数多く発行され、多くの人が利用しています。

しかし、amazonで買い物をする予定のない人や、他でショッピングをしたい人にとっては、どう扱っていいか迷うものでもありました。
 
2012年頃からamazonギフト券の買取りを行う業者が登場すると、現金化して他の業者でも利用できると俄然注目を集めます。

持て余していたギフト券を買取り業者に販売し、現金が振り込まれることでショッピング枠の現金化が完了。

これら全ての手続きがネット上で行えるため、従来の金券の現金化に比べて、現金を手にするスピードが段違いに早まったのです。

そうなると、やはり気になるのが一体どれくらいの現金が手にできるか、つまりamazonギフト券の換金率です。
 
amazonでの買い物で使えば額面通りの金額を使えるギフト券ですが、それを業者に買い取ってもらうとなると、業者のマージンや手数料などが発生するため、額面よりも低い現金となってしまいます。

やはりより高い現金を手にしたいのが人情で、換金率がより高い業者に買い取ってもらいたいものです。

ところが、前述のようにネット上で全てが完結してしまう取り引きだけに、詐欺まがいの業者が横行しているのも事実。

より高い換金率を提示して、ギフト券をだまし取ろうとしている輩もいるのかもしれません。

そういった詐欺に引っかからないためには、高い換金率に飛びつくのではなく、amazonギフト券の買取り相場を知っておくことが大切です。

とある調査によると、amazonギフト券の買取り相場は、1万円未満で75%~80%、1万円以上で80%~90%、このあたりの帯域で買取を行っている業者が多いようです。

しかし、サイトに90%という換金率を謳っている業者も、振込手数料などを引くと結果85%に落ち着く、という事例もあります。
 

 
業者側がマージンを一割程度に考えているとして、振込などにかかる手数料などを引いていくと、実際には88%程度がMAXと考えてもいいのかもしれません。
 
まずは、サイトに掲示されている換金率を鵜呑みにせず、電話で問い合わせて、売りたい額面とそれに対する振込み金額を確認してみましょう。

その結果、88%以上の金額になった場合は、その業者を利用することを検討してみても良いのかもしれません。

 

インターネットの換金率だけじゃ分からない?amazon買取業者の選び方

業者の選択
 
では、実際にどこでamazonギフト券を買い取ってもらうのでしょうか。
 
前述のように、取引きの全てはインターネットで行われますから、買取業者もインターネット上で探すのがベストでしょう。

従来のような実店舗を持った金券ショップでは、amazonギフト券の買取を行ってくれるところは稀です。

それは、amazonギフト券自体が、実体を持たない電子マネーのような存在だからです。
 
amazonギフト券は様々なタイプがあります。

カードの形になったものや、紙にプリントされたものもあります。

あたかも、従来の金券の様に形あるものとして売買できるような気がしますが、カードにも紙にも価値は無く、実際にギフト券として効果を持つのはそこに印刷されたギフトコードという文字列です。

このギフトコードをamazonアカウントに登録してしまうと、カードにもプリントにも全く価値はなくなります。

価値があるのはギフトコードだけなのです。

その証左がインターネットで簡単に取り引きができるEメールタイプのギフト券の存在で、メールにギフトコードが記されているだけです。

これが、取り引きを超スピードで行える理由でもあります。

インターネット上で店舗を持っている業者に、ギフトコードをメールで送れば、その時点で譲渡は完了します。

さらに、昨今は銀行自体もインターネット上に店舗を持つ時代です。

ネット銀行などを使えば、24時間365日、買取代金を振り込むことが可能ですから、早いところでは数時間で取り引きが終了することになります。
 
しかし、ここでも業者選びのポイントとなるのが換金率です。
 
誰でも、換金率が1%でも1円でも高い所に売りたいと思うことでしょう。

しかし、前述のように詐欺まがいの業者が存在する業界でもありますし、インターネットのホームページに高い換金率が書かれているからと、即飛びついては痛い目を見ることになるでしょう。

では、どうやって数ある業者の中から安心できる業者を見つけるのか。
 
それは、取引きのスピードを重視するこれまでの話と矛盾するかもしれませんが、インターネットだけを頼りにするのではなく、あえて電話という一世代前の連絡手段を活用することです。

電話によって、相手と直接対話をしてみるのです。

インターネットという非対面のやり取りでは分からない情報を沢山得ることができます。

  • 電話での対応は丁寧か?
  • 質問にはすぐ答えてくれるか?
  • 電話してからメール送付までの反応は迅速か?

そういったことを総合的に判断してみて、安心できる業者を選ぶことが大切だということです。
 

 

amazonギフト券買取の換金時間の目安は?

換金時間の目安
 
信頼できる業者を探す際に、換金率の次に気になるのが換金時間ではないでしょうか。
 
ネット上で手軽にできるamazonギフト券買取りの手続きにおいて、こちらからギフトコードをメールで業者に譲渡してから、こちらの口座に代金が振り込まれる間の換金時間は、まさに魔の時間とも言えます。

既に自身の財産であったはずのギフト券が業者のモノになってしまい、でもその対価はまだこちらに返ってきていない時間。

非常に不安な時間であると共に、もしも何らかの犯罪行為が行われるならば絶好のタイミングでもあるのです。

利用者にとって、この換金時間は短ければ短いほど良いため、多くの業者が換金時間の短さをアピールしています。

中には数分で振り込むことを謳っている業者もあるのですが、本当にこんなに早く換金できるものなのでしょうか。
 
買取りを申し込まれた際には、買取り業者は申込者が提出した個人情報などに不備は無いか、送付されたギフトコードの真偽は大丈夫か、などを確認した上で振込作業を行います。

実際には、新規の申込みで40分から1時間程度、以前に利用した実績があるのなら30分程度かかるのが、換金時間の相場のようです。

ここに、他の申込みが重なって作業が立て込んだりすると、換金時間はさらに伸びる傾向にあります。

ですので、3時間ほどかかる場合もあるでしょう。
 
この点も、換金率と同様に事前に電話で換金時間を確認しておくことが大切です。

実際に取り引きを行う前に、現在申し込んだらどの位の後に振込みが行われるのか、と聞いておいてください。

ホームページに記載されていた換金時間と違う場合には、なぜ時間がかかるのか、問い合わせてみましょう。

申込みが立て込んでいたらそれなりの換金時間がかかることを教えてくれるでしょう。

理由も告げずに長い時間待たせるような業者は避けた方が無難です。
 
ところが、現在、この換金時間を利用して換金率を引き上げることも可能なサービスも登場しています。

翌日振込みなど、換金時間を遅らせることを了承すると、換金率をアップするという業者が出現しだしたのです。

申込みが立て込むと、換金時間が長くなり、客に逃げられてしまいます。

それを避けるために、あえて翌日まで振込みを待ってくれる客の手続きを後回しにする替わりに換金率を上げることで、客の数を確保することを狙っているのです。

換金時間が長くなるのは正直不安ですが、信頼できる業者ならば待ってもよいでしょう。

換金時間と換金率は、よく天秤にかけて吟味することが必要なようです。
 

-