*

送りたい相手のアドレスを指定すればプレゼントもできる

送りたい相手
 
amazonで買い物をする時にも使え、専門の業者に頼めば現金にも換えられるamazonギフト券ですが、カードには幾つかの種類があり、自宅のプリンタで印刷するタイプや手書きでメッセージを書き込み、手渡しで渡すことが出来るカード型のギフト券もあります。

また、コンビニにはシートタイプのギフト券も用意されていて、3000円から20000円まで数種類あります。

またamazonギフト券にはEメールタイプも用意されていて、数分でプレゼントしたい相手にメールを送信完了することができます。

Eメールタイプのamazonギフト券の購入手続きは簡単で、受け取る人のメールアドレスを指定して、クレジットカードで支払うように設定すればamazonギフト券を相手に送ることができます。

Eメールタイプのamazonギフト券ならば最短1分で相手に届きますし、15円から50万円の中から1円単位で金額を指定できるので、好きな金額を自分で決めるという自由が効きます。

また、送る日付を1年先まで指定する手続きができるので、サプライズでメールの送信ができます。

電子メールであるamazonギフト券は、豊富なデザインの中から選ぶことができますし、自分たちの思い出の写真を貼り付けることもできるので、プレゼントとしての自由が広がります。
 
amazonギフト券はEメールで送るだけではなく配送することも可能です。

プレゼントしたい相手の住所を指定して、ボックスタイプやカードタイプ、封筒タイプを決めて手続きが完了したら、amazonで商品を購入した時と同じように届けてくれます。

注意点としては、使っていないギフト券であればプレゼントできますが、一回でもamazonのアカウントに登録したカードや、amazonギフト券の中から残っている残高を誰かに渡すことはできません。

そのためamazonギフト券を誰かにプレゼントしたいと思う時には、未使用の状態でプレゼントするようにしましょう。
 
さらにamazonでは商品が不良品だったり、未使用、未開封の状態で都合が悪くなったので返品したい時には、購入代金を返金してくれます。

しかし、全てamazonギフト券で返金されるので、購入した時には現金を払ったのにamazonギフト券で返金されるのは都合が悪いと感じる人は、amazonから指定した銀行口座に現金を振り込んでもらえるように手続きをすることができます。

 

購入取引とEメール再送について

Eメール再送
 
今ではインターネットが普及・定着し、買い物をする時には家から出なくてもamazonを使ってインターネットで何でも買うことができます。

amazonギフト券は友達や親族にプレゼントする時だけではなく、自分で安い値段で買って使用することもできるため重宝されています。

amazonギフト券を購入するためには、公式サイトで直接買ったり、コンビニに置いてある販売機を使って購入取引をすることができます。

販売機からはレシートのようなギフト券が出てきて、ギフト券は3千円、5千円、1万円、2万円の種類に分かれています。
 
さらにamazonギフト券をEメールで送ることもでき、自分に送るだけではなく、友人や知人にプレゼンとして送ることができます

購入取引の時にギフト券の値段も15円から50万円までを1円単位で選択できるのでとても便利です。

特にEメールを使って購入する方法は人気があり、クレジットカードを使って購入すればクレジットカードのポイントが増え、amazonギフト券を使って買い物をすればamazonのポイントも増えます。

そのため、アマゾンの商品をクレジットカードで直接買うより多くポイントが貯まるので、多くの人がEメールタイプのamazonギフト券を利用しています。
 
amazonで買い物をする時には、クレジットカードで決算すると簡単に買えますが、何度も使っている人は、カードの情報がすでに登録されているので、ボタンを押すだけで決算されます。

そのため、ついつい無駄遣いをしてしまうと感じる人もいます。

クレジットカードでEメールタイプのギフト券を購入すれば、ギフト券が無くなったらしばらくは買い物ができないので、使い過ぎを防止できます。

まれにEメールのamazonギフト券は、正しくメールを受け取れなかったり、受け取ったメールを誤って削除してしまうことがあります。

そのため、再送することで新しいamazonギフト券を送り直すことができます。

覚えておくべきこととして、一度再送すると新しいギフト券が有効になり、以前のギフト券番号が使えなくなります。

また、誰かからプレゼントとして送られてきたamazonギフト券は、自分で買ったわけではないので再送する事はできず、相手方に再送してもらうことになります。

再送する時には、同じEメールアドレスでも別のEメールアドレスでも再送できるので、上手くメールが届かない時にはアドレスを変えて試してみることもできます。

 

友人へのプレゼントとしても喜ばれる

プレゼント
 
amazonギフト券は、友人や家族、会社の同僚などへのプレゼントとしても喜ばれます。

近年では、結婚式の引き出物として金券を贈るという習慣が定着しています。
 
金券を引き出物にして、カタログから選んでもらうという方法です。
 
amazonギフト券もこうした使い方ができます。

amazonは日本では大手の通販サイトとして利用者も多く、また金券として専門のショップで買取もしてもらえるため、もらった人にとっては損する品物にはなりません。

イベントの景品などとしても重宝されます。

友人の出産祝いのプレゼントとして使うのも良い方法でしょう。

出産祝いを贈るのは良いが、何を贈ったら良いかは悩ましい問題のひとつで、使い方が同じ商品がいくつも贈られてくることがあり、それを考えると何を贈るべきなのか頭を悩ませます。

amazonギフト券にすれば、もらった人は自分で必要なベビー用品を買うことができます。
 
大手のベビー用品販売店が行ったアンケートによると、出産祝いとしてもらって嬉しかったものの筆頭は「現金」という結果が出ています。

生々しい話ですが、これが新米ママにとっては本音でしょう。

現金ではどうも贈り物としてふさわしくないと考えたら、amazonギフト券が良いでしょう。

赤ちゃんは日々成長していきます。

せっかくもらったプレゼントでも、その子が必要になるのがかなり先になってしまい、結局使わずに終わってしまったという話も良く聞かれます。

出産祝いとしてamazonギフト券が有能なのは、いつでもママが欲しいと思ったときにすぐ注文できるということです。

子育て日記をブログで発表しているある主婦は、amazonギフト券をもらって嬉しかったという思いがあったため、友人の出産祝いにはamazonギフト券に加えて、ママにとって役立つものを贈るようにするのが最適と語っています。
 
友人のプレゼントとしてamazonギフト券を使うときの注意点は、使用期限があることです。

通常のデパートなどで使える商品券と違って、期限が過ぎると失効するという点は注意しておきましょう。

特にamazonを使い慣れていない人に贈る際には要注意です

amazonのサイト内で買える普通の商品券と同じようなタイプは発行から1年が期限です。

コンビニなどの端末から購入した場合には、発行から3年です。

また、オンラインでやり取りできるタイプのギフト券も発行から1年が期限ですので、その点は贈る方が相手に確認しておきましょう。
 
仲の良い友人へのプレゼントでは使いやすいEメールタイプのものが良いでしょう。

相手に届いたかどうか確認できる点でも優れています。

-