*

割引価格で購入する方法を紹介

割引
 
アマゾンでネットショッピングをする時に重宝するアイテムとして、アマゾンギフト券があります。

アマゾンギフト券ですが、コンビニ各社でも2種類のamazonギフト券が購入できますし、アマゾンのホームページからでも注文することが可能です。

ところでアマゾンギフト券を購入するにあたって、やはり少しでも割引価格で購入したいと思っている人は多いはずです。
 
実はちょっとした工夫で、アマゾンギフト券を低下の割引価格で買い求められる可能性があります
 
実はアマゾンギフト券の取引サイトがあります。

こちらではアマゾンギフト券の買取をしていますし、買い取ったギフト券を販売もしています。

この販売価格ですが、定価よりも安い価格で販売されています。

ではどの程度の割引率かですが、2016年現在で見ると大体5~10%といったところでしょうか?
こうしてみるとあまり大した割引率ではないと思う人もいるかもしれません。

しかしまとめてアマゾンギフト券を購入すれば、何千円といった節約ができるかもしれません。

何千円のコストを節約できるのは、決して無視できないはずです。
 
またこのようなアマゾンギフト券の取引サイトを見てみると、キャンペーンを限定期間で実施していることもあります。

キャンペーン期間中にアマゾンギフト券を購入すれば、さらに割引の度合いもアップします。

サイトによっては20~30%も安い値段で買い求められる可能性もあります。

ですから各取引サイトのキャンペーンの最新情報について、こまめにチェックしておきましょう。

1万円分のアマゾンギフト券が7000~8000円で購入できるとなれば、かなりお買い得な感じになるでしょう。

ちなみにこのようなアマゾンギフト券を割引価格で販売されているサイトの中には、他のギフト券の取引も行っていることが多いです。

いろいろなギフト券を買い求めて、ネットショッピングで利用している人は、この手の取引サイトは有効活用しない手はないでしょう。
 
個人間の取引サイトでも、アマゾンギフト券が割引価格で販売されていることもあります。

しかしこの個人間サイトの場合、不正出品をしている人も時たまいて、売買を巡ってトラブルになることもあるようです。

もし個人間サイトを使ってアマゾンギフト券を割引価格でお得に購入したければ、トラブルに巻き込まれないようにするために、返金保証などの対策を具体的にどのように行っているかをきちんと出品者に確認することです。

安いからといって安易に飛びつくと失敗する恐れもあるので注意しないといけません。

 

非常に扱いやすい支払い方法であることの認知度が低い

支払い方法が簡単
 
amazonで販売されている多くの商品の支払いに使えるのが、amazonギフト券です。

アマゾンギフト券はコンビニで販売されているカードタイプを始めとして色々な種類があるものの、使い方はどれも変わりません。

まず、amazonギフト券はamazonのアカウントと紐付けて使うものなので、必ずamazonのアカウントを作る必要があります。
 
ギフト券は種類が多いですが、どのタイプの商品もコード番号が記載されている点には違いがありません。

カードタイプなら裏面に10円玉などで削れるところがあって、その下にコード番号が記載されています。

Eメールタイプなら購入時に指定したメールアドレスにコード番号が届くので、それを入力すればよいのです。

例外的なのはチャージタイプで、こちらは購入が完了した時点で自動的にアカウントにチャージされるので、コード番号はありません。
 
チャージタイプ以外は、amazonのアカウントにサインインしてコード番号を入力することでチャージされます。

チャージされた金額はamazon内に限り現金のように扱えて、amazonギフト券だけでの支払いも可能です。

支払いの際にamazonギフト券のコード番号を入力してもよいのですが、あらかじめアカウントにチャージしておく方が分かりやすく便利です。

クレジットカードを持っていなかったり、インターネット通販での使用を避けている人にとって役立つのが代金引換です。

amazonでも多くの商品が代金引換に対応しているものの、やはり手数料が別にかかるのが難点です。

しかし、アマゾンギフト券の多くはクレジットカードがなくても購入できるので、あらかじめアカウントにチャージすることで代金引換の代わりの支払方法として使えるのです。

代金引換と違って手数料もかからないので、非常に便利な支払方法と言えるでしょう。
 
アマゾンギフト券のデメリットとしては、コード番号に有効期限があるので入力を忘れると支払ったお金が無駄になる点、そしてほとんどのタイプでは端数への対応がされていない点です。

もっとも、有効期限については購入後すぐに入力すれば問題は起こらず、購入後に余った額は持ち越せるので大きなデメリットではありません。

すぐに決済が終わるクレジットカードと比べると、チャージのワンクッションがあるのでやや手間がかかるものの、それでもamazonギフト券が非常に使いやすい支払方法です。

関連LINK時間をあまり掛けずにamazonギフト券を即日現金に換金してくれる業者をお探しなら、一覧から御確認いただけます。

-