*

他人名義のギフト券?それでも業者は買取します!

他人名義
 
amazonギフト券は自分で買って入手することもあれば、他人が買ったものを譲ってもらい、入手することもあるでしょう。

他人から譲ってもらったamazonギフト券を扱う場合、他人名義になり、買取できないと思っている人も多いですが、実際はそのようなことはありません。
 

他人名義のamazonギフト券でも、問題なく買取サービスを利用して換金することができます。
 
なぜ他人名義のものでも買取できるかというと、amazonギフト券にはそもそも名義がついていないからです。

amazonはamazonギフト券をいつどのようにして売ったかは販売記録をとっているので、わかるようになっています。

しかし、誰が買ったかはわかりませんし、誰が買ったか分からない状態でも利用できるのがamazonギフト券なのです。

 
特にポイントなどで第三者サイトでamazonギフト券を交換した場合は、amazon側では誰がamazonギフト券を所有しているのか知る由もありません。

第三者サイトはamazonギフト券を確保しておき、ポイント交換の申請者にそのamazonギフト券を送るだけです。

もちろん、このように第三者サイトからポイントなどで交換したamazonギフト券についても買取サービスで換金できます。

以上のことから、amazonギフト券の買取はギフト券の入手方法で制限を受けることはないことがわかります。

 
amazonギフト券に名義がついていないことはコンビニなどの店頭でギフト券を購入したことがある人なら予想がつくはずです。

店頭では自分の名前を名乗ることもなく、お金さえ支払えばすぐにamazonギフト券を購入できるので、ギフト券に名義をつける手続きなどはないことが明らかです。

こういった事情から、そもそも買取業者はamazonギフト券を買取する時、誰が買ったかということは一切気にしていません。

誰が買ったとしても、amazonギフト券の番号さえわかれば、買取業者に損はないからです。

悪いことをしているわけではないので、他人が買って譲ってもらったamazonギフト券でもどんどん買取サービスに出すといいでしょう。

 
ただし、すでにamazonギフト券の番号をサイトに入力し、アカウントに帰属させている場合は別です。

この場合はそのアカウントでしかamazonギフト券を使えなくなるので、そのアカウントの持ち主が所有者となり、買取はできなくなります。

 

有効期限1週間のamazonギフト券でも買取できる

有効期限が切れる
 
amazonギフト券は他人名義のものでも買取できますが、では有効期限の制限はどうかというと、有効期限1週間のものでも買取できます。

というより有効期限1週間に限らず、有効期限内であれば買取可能です。

ただし、もちろん有効期限が切れたamazonギフト券については金銭的価値がないので、買取はできません。

 
amazonギフト券の有効期限は基本的に1年もしくは3年となっており、Eメールタイプやチャージタイプ、印刷タイプなど、さまざまな種類がありますが、大抵は有効期限が1年に設定されていて、シートタイプに限り、3年と有効期限が長く設定されていました。

そのため、シートタイプのamazonギフト券であれば、ゆっくりと買取するかどうかを検討することができるとともに買取業者にも好まれていたわけです。

ですが、現在ではすべてのギフト券の有効期限が10年となりました。

以前から所有しているギフト券がお持ちなら有効期限がなくなる前に利用するか売買してしまった方がお得です。
 

よくある勘違いに気を付けて

よくあるのが、有効期限の勘違いです。
もちろん忘れてしまう事もよくあることですが、覚えていても間違えるのが有効期限はアカウントに登録した日からではないという事です。
発行された日から1年となっているものもありますので再度確認しましょう。

 
それからamazonギフト券には法人向けのものがありますが、法人向けも以前は有効期限が2年に設定されていましたが現在では10年となっております。

法人向けのamazonギフト券は、社員の報酬や顧客へのプレゼントなどを目的にしたものですが有効期限内であればもちろん買取はできます。

 
有効期限の開始はamazonギフト券を購入した日からです。

amazonギフト券をアカウントに登録した日からカウントされるわけではないので、注意してください。

有効期限の終了は期限日の23時59分となっています。

買取を考えている時は必ずこの点を意識してamazonギフト券を扱うようにしましょう。

 
もし有効期限が過ぎてしまい、amazonギフト券が失効した場合は、amazonのカスタマーセンターへ問い合わせてみると良いでしょう。

必ず対応してくれるとは限りませんが、初めて問い合わせる人なら高確率でamazonギフト券の有効期限を延長してくれます。

 
※有効期限が10年となってから対応してくれないようです。
 

問い合わせ方法はamazonの公式サイトのヘルプから確認することができます。

電話、チャット、Eメールなど、好きな方法で問い合わせてみてください。

ちなみに有効期限の延長は有効期限が過ぎてからでなくては対応してくれません。有効期限1週間で、そろそろ失効するかもしれないから事前に延長の問い合わせをしておくといったことはできないのです。

また有効期限の延長に成功した後、再び有効期限が過ぎてしまった場合、二度目の延長対応はないので、そのamazonギフト券を買取してもらうことは出来なくなります。

 

amazonギフト券の買取は最低額が低く、最高額が高い

最低額と最高額
 
amazonギフト券の買取で気を付けたいのは単に買取できるかどうかだけではなく、「いくらで買取できるか」という点も重要です。

amazonギフト券の買取は買取業者によって最低額と最高額が決められています(最低額・最高額が決められていないこともあります)。

買取サービスを利用する時は買取業者が提示するルールを守らなければいけないので、しっかりと最低額と最高額の範囲内の額面のamazonギフト券を用意するようにしましょう。

 
一般的な買取業者であれば最低額は数百円~数千円に設定されることが多いです。

このあたりの最低額であれば誰もが気軽に利用できる額面といえます。

たとえば、amazonギフト券を少額入手したものの、特に使う機会がないという時にも利用できます。

最高額は一般的な買取業者でも数百万円程度の額面の取引が可能です。

さすがに数千万円規模の取引になると買取業者の資金の問題で不可能になってくるので、たとえ買取の最高額を設定していない業者だとしても断られる可能性が高くなります。

もっとも、個人での買取であれば、数百万円以上の取引を望むことはほとんどないでしょう。

 
万が一、買い取ってもらいたいamazonギフト券の額面が、利用する買取業者の最低額あるいは最高額をはみ出していた場合は、その買取業者に相談してみるといいでしょう。

買取業者の多くはそれほど厳密にルールを敷いていないので、交渉次第で取引を考慮してくれる可能性があります。

ただ相談しても対応してもらえなかった場合は、別の買取業者に買取してもらうことを検討するしかありません。
 

またamazonギフト券の買取はギフト券の額面通りの金額で行われるわけではありません。

というのも、もし額面通りの金額で買取が行われたならば(たとえば3,000円のamazonギフト券を3,000円で買い取るなど)、買取業者が利益を出すことができないからです。

amazonギフト券の額面の80%~90%程度の金額で買い取っている買取業者がほとんどで、このamazonギフト券の額面に対する買取金額の割合のことを「買取率」といいます。

もちろん買取率は高いほど、amazonギフト券を換金する人にとってお得です。

この買取率はamazonギフト券の額面が高ければ高いほど上がる特徴があります。

というのも、大口の取引の方が買取業者にとっては一気に利益が出る分、メリットが大きくなるからです。

そのため、できるだけお得にamazonギフト券の換金を行うには、買取業者が設定する最高額に額面を近づけた方が良いのです。

-