*

節約したい!少しでも安く購入する方法

安く買う
 
アマゾンでネットショッピングを頻繁にする人は、アマゾンギフト券を安く購入して節約したいと思っている人もいるでしょう。

このアマゾンギフト券ですが、少し工夫をすれば安く買い求めることも可能です
 
5~10%程度安く購入できるので、例えば1万円分のアマゾンギフト券を買い求めるにあたって500~1000円程度の節約になります。

この節約効果は決して無視できないでしょう。

 
まずはオークションを使って、アマゾンギフト券を調達する方法があります。

ネットオークションではいろいろな商品が出品されていて、見てみるとアマゾンギフト券を出しているケースも少なくありません。

アマゾンギフト券のオークションにおける取引状況を見てみると、定価と比較して少なくても1%程度、状況が良ければ5%程度安く購入することもできるかもしれません。

もしネットオークションをよく利用しているのであれば、アマゾンギフト券が出ていないかどうか定期的にチェックしてみるといいでしょう。
 
ネットオークションで購入したければ、一つ注意すべきこととしてギフト券の有効期限がいつまでなのかをチェックすることが挙げられます。

中にはあまり有効期限まで時間がないとか、下手すると既に期限の過ぎてしまっているギフト券が混じっている可能性もありますので、見落としの内容に注意しましょう。
 
オークション以外の方法でも節約できる方法はあって、チケット販売サービスを介してアマゾンギフト券を調達するスタイルもあります。

チケット販売サービスの中には、定価よりも2%程度安い価格でアマゾンギフト券を販売しているケースも見受けられます。

ただしこのチケット販売サービスですが、会員登録する必要があって、月会費が必要になるかもしれません。

ちなみにこのようなチケット販売サービスですが、アマゾンギフト券以外にも映画館やアミューズメント施設などのチケットも割安価格で販売されています。

ほかのチケットもどんどん購入して、月会費分の元が取れるように工夫しましょう。
 
そのほかにはインターネット上を中心として、アマゾンギフト券専用の取引サイトもあります。

こちらのサービスですが、アマゾンギフト券を売りたい人と買いたい人の仲介人となっているサービスです。

サイトによっては、アマゾンギフト券が定価よりも5%以上安く調達できるケースも見られます。

こちらのマッチングサイトを活用して、アマゾンギフト券を安く購入して節約してみるのもよいかもしれません。

 

アマゾンギフト券でタバコを買えない理由とは

タバコ販売
 
アマゾンでは、ありとあらゆる商品を扱っています。

最近のたばこ税の値上がりを受け、もらったアマゾンギフト券でタバコを買えるのではないかと考えた人もいるかもしれません。
 
残念ながら、amazonではタバコは1銘柄も販売していません
 
タバコで検索してヒットするのは、禁煙グッズや禁煙を勧める本ばかりです。

タバコが健康に良くないから、というよりも法律の許認可申請と関係がありそうです。
 
日本では、いまだにタバコと塩の専売権を政府関係の企業が掌握しています。

そのため、タバコを販売しようと思う事業者は日本政府によってタバコの専売権を与えられている企業の許可を得なければならず、8つある許可基準をすべて満たさなければ日本国内でタバコを販売することはできないのです。

それによるとタバコの販売は、未成年がタバコを購入しないように店員が目視できる場所で行わなければならず、ネット販売では日本政府によってタバコの専売権を与えられている企業から販売許可をもらうのがほぼ不可能なのです。
 
また、消費者金融・出会い系サイトとともにタバコ販売業者もamazonギフト券を発行できない公序良俗に反する企業に分類されています。

タバコを販売する者が自社の広告を載せたamazonギフト券を作って配ろうと思っても、アマゾン側が拒否するとamazonのホームページに書かれています。
 
普通のタバコであれば、コンビニや街角のタバコ屋でも購入できますが、嗅ぎタバコや第三のタバコとも言われる温めて蒸気を吸うタイプの特殊なタバコもアマゾンで買えないのは愛煙家にとっては、残念なことかもしれません。

amazonで購入できるのは電子タバコです。

電子タバコは禁煙グッズの一種であり、販売するために日本政府によってタバコの専売権を与えられている企業の許可を必要としません。

また、禁煙した人の体験談などが書かれた禁煙に役立つ本やニコチンを含むパッチやリキッドもアマゾンでは積極的に販売しています。

タバコは自身の健康に良くないだけではありません。
周りにいる人にも悪影響を及ぼします。

特にタバコから出る副流煙は、タバコを吸っている本人が吸う煙よりも発がん性物質を多く含んでいます。
 
ただ、アマゾンで販売するすべての店舗を監視し、絶対禁煙を勧めるのがアマゾンの目的ではないようです。

イギリスの名探偵がくわえているようなレトロなパイプ、おしゃれなシガレットケース、高級ライターなどはamazonでも幅広く扱っています。

 

売る時には身分証明書が必要って聞いたけど

 
アマゾンギフト券を買うのに、身分証明書は不要です。

コンビニで売っているカードタイプのアマゾンギフト券をレジに持って行っても、特に何も言われることはありません。

アマゾンを利用する際に名前や住所などは求められるものの、それを除けば基本的に身分証明は必要ないのです。
 
ただ、アマゾンで商品を注文してコンビニで受け取る場合、身分証明書の提示を求められる可能性はあります。

アマゾンの規約でも身分証明書の提示が必要である、といった文章があるので、一応は留意しておきたいところです。

ただ、実際問題としてコンビニで荷物を受け取る際に身分証明書の提示を求められるケースはほとんどありません。

コンビニで荷物を受け取る場合、それぞれの店舗に備えられている機器を使って受け取りの番号を入力し、後はそれをレジに持っていくだけです。

学生服を着ているなど、明らかに未成年と分かる場合なら学生証などの提示を求められるかもしれませんが、そうでないなら特に何を言われるでもなく荷物を受け取れるでしょう。
 
何らかの理由があって家に荷物が届くのはまずい、そのような場合にはコンビニ受け取りを活用してください。

チャージしたアマゾンギフト券で支払い、コンビニで品物を受け取る人も珍しくはありません。

アマゾンでの支払い、受け取りといった点で身分証明書は求められないものの、アマゾンのサービス外なら話は別です。

アマゾンギフト券の買取業者はインターネット上に多くあり、不要なアマゾンギフト券があるなら買い取ってもらえるのです。

金券ショップでは1万円以上の買取の際に年齢や名前などの個人情報を記載する必要があり、それが本当かを確認するために身分証明書の提示を求められます。

これは古物営業法で定められていて、盗品といった問題がある商品の市場への流出を防ぐための処置です。

インターネット上のアマゾンギフト券の買取業者でも、同様に身分証明書が求められます。

インターネットを介して身分証明書を提出する場合、免許証などを撮影して画像にして送信するのが一般的で、アマゾンギフト券の買取の際もそれは同様です。

それ以外で必要なのは連絡のためのメールアドレス、電話番号くらいで、さほど面倒な手続きはありません。
 
逆に、身分証明書の提示を求めてこないところは非常に怪しいので、詐欺を疑った方がよいでしょう。
 
アマゾンで買い物をしないのならアマゾンギフト券の使い道はないので、売るのも手です。

-