ギフト券の買取って何ですか?

amazonギフト券の買取とはその名の通りお手持ちのギフト券を業者に売って現金を手にすることができるサービスの事です。

ギフト券

最近ではアマゾンギフト券をお祝いや景品などで提供されることも多くなり、ついつい忘れたままになっていたりしませんか?

もちろん使い道があればAmazon.co.jpで買い物をすことが一番望ましいし、メリットも多いことは当然です。

しかし、ギフト券には有効期限があることを知らない方もいらっしゃるようです。

残念ながら、有効期限内が過ぎてしまったらご利用いただくことはできません。

もしも、すぐに利用する予定が無い場合は、amazonギフト券を専門の業者に売って現金に換えてしまった方が、決して無駄になることはありません。

では、どのようにして現金に換えることができるのでしょうか。

それは前述の通り、専門の業者を利用することです。

来店不要で早ければ当日に現金をお持ちの銀行口座へ振り込むことも可能です。

必要以上の手間が掛からないのはとっても便利です。

また、有効期限が近いものでもほとんどの場合が買い取ってくれますから安心してご利用いただけます。

万が一わからないことがあっても相談できますから心配はいりません。

しかし、注意が必要なこともあります。

それは悪質な業者が存在することです。

現在では200社以上の専門店が営業しているともいわれておりますが、手数料やギフト券自体を騙し取ろうという悪徳業者は一向に減りません。

そういった業者に騙されないためにも信頼できる情報を見極めることが大切です。

もちろん当サイト以外にも確かな情報を提供している所はいっぱいありますので参考にすることをお勧めいたします。

このホームページへの掲載はいくつかのチェック項目をクリアした店舗のみを掲載しておりますので安心して活用できるように最善を尽くしております。

口コミや評価は全て利用者の方からの意見を反映したものとなっておりますので、毎月数人からしかご意見を頂戴できませんがその都度更新しておりますので是非ご覧ください。

アマゾンギフト券を現金に換えられる唯一の方法

百貨店の商品券やライブのチケットなどは、どこの金券ショップ・質屋でも条件が合えば直ぐにでも買い取ってくれます。

場所や季節によっても買取率が違うのが一般的です。

例えばその商品券が使える百貨店がある街の質屋の方が数パーセントかもしれませんが高く買い取ってくれる可能性が高いですし、新幹線などのチケットは同じ値段でも都心に近い方が少し高い傾向にあります。

このように、最終的に購入するユーザーが多かったり、訪問する可能性が高い方がお得になるという事がある業界なんです。

では、世界シェアトップクラスのアマゾンが発行しているギフト券を売る場合はどうだろうか。

  • 都内に近い方が良い?
  • ネットだから関係ない?
  • それとも地方都市の方が意外と高く買ってくれたりする?

など、いくつか考えが思い浮かぶでしょう。

でも実は、アマゾンのギフト券は、
一般の金券ショップで買取は行っておりません。

恐らく殆どの店舗がそうだろうと思います。

もしかするとカードタイプの物なら扱っているところもあるかもしれませんが稀だと思います。

取り扱わないその理由とは?
  • 使用期限自体が解りづらい
  • 使用済みかどうかの判断が行い難い

という事です。

使用期限・利用期限については設けられていること自体を知らないほど認知度が低いこともあり、記載が無い種類もありますから確認が出来ない訳ではないのですか行い難いという事です。

また、残金の確認。

つまり使用済みではないという証明はアカウントに反映してみないと確認ができないという非常にめんどうなシステムとなっている為、普及していないというのが大きな理由だろうと思っております。

ですから、都心に近くなくても、地方都市以外の場所に住んでいても、一番最善の方法というのはamazonギフト券を買取ってくれる専門の業者にお願いをする事です。

これが一番早く手間も掛からないといえるでしょう。

専門の業者って?と疑問に思いますよね。

アマゾンギフト券買取の専門の業者は実店舗を持って営業をしているところもありますが、ほとんどの店舗でインターネットを利用した取引ができるようになっており「デジタルタイプ」の物でも簡単に売買ができるようになっております。

地域性やお住まいの場所にかかわらず一定の買取率で取引ができるようなシステムになっております。

もちろん需要と供給による変動はありますが沖縄から北海道まで同じ条件という事です。

但し、買取店舗は1社だけではありません。

サービス業ですから店舗どうしの差はありますので比較したりしながら探すことをお勧め致します。

また専門業者の特徴として、ギフト券の売買が完了すれば買い取り金額を口座へ送金してくれますから全てが自宅に居ながら完結できます。

ネット検索を行えば換金率や買取率の比較もできるので便利でお得、365日営業という業者もおりますので曜日を気にすることなくお申し込みができるのが嬉しいですね。

クレジットカードの現金化の方法としても、利用されているようなギフト券買取ですが決してブラックな違法行為ではありません。
対応も含めしっかりした業者が多いので必要以上の心配はいらないと思いますよ。


相手

「換金」とか「現金化」と考えると、騙されてしまうというイメージがあるのでやっぱり心配ですし、こわい印象が強いです。


この後で説明もありますが、ネットオークションなどでは当たり前のように毎日出品されています。
こういった方法でもAmazonギフト券の換金はできてしまうという事です。

オークションでも販売可能!?

前述で「唯一の方法」と銘打って、ご説明しましたがオークションでの転売という事も、もちろん可能です。

今やネットオークションの利用者は若者だけではありません。年齢を問わず利用者が拡大しているのは間違いありません。

いつでも、どこでもインターネットに繋がるスマートフォンなどの普及やパソコンなどの低価格化もあり高齢者と言われる方たちも利用しているのを見かけるほどです。

また、インターネットが始まった第一世代も40代~50代となった事もあり利用人口の増加に拍車をかけているようです。

「オークション」と一般的に言われるサービスを提供しているサイトは大きな市場から小さな市場まで様々開かれており、有料会員制だったり無料で利用できるものなどもあります。

その中でも、パイオニア的な認知度・利用者数の高いヤフオクでアマゾンギフト券を見てみましょう。

オークション

ヤフオクで閲覧しただけでも1000件近く出品されていて、色々な種類のamazonギフト券が取引されているのがお分かり頂けると思います。

落札時点での金額を見る限りでは85%~96%と幅広い条件で転売されているようです。

オークションを利用した転売方法ではやはり時間が掛かります。

入札件数からみても数日掛かるのは必須です。

換金率を下げて即決狙いであれば当日という事もあり得るかもしれませんがお得感はありませんし、数日まてば好条件で入札してくれる人が現れたかもしれませんよね。

特に期限に迫られていなければ、オークションなどで出品することもとても良い方法だと思います。

ある程度、こちらの要望通りの条件で探す事ができますし、万が一購入者が現れなければ次のオークションか、専門の買取業者へ転売する判断ができます。

タイミングにもよるとは思いますが、同額・同条件の出品が目立つせいなのか入札者が思いのほか少ない様に感じます。

時間に余裕がないと、出品者のタイミングが重なったりして買い手が付かなかった時などは何度もやり直す必要が出てきます。

この辺りは、デメリットと言えるところでしょう。

これらはすべて自宅のインターネットから完結できる素晴らしいシステムだけに、現実での売買では多少の不便さが出てしまうのは理解ができるような気がします。

1週間~2週間以上、時間に余裕がある事やギフト券自体の期限も長いという条件が満たされれば利用する価値があるのではないでしょうか。

amazonポイントとギフト券について

amazonポイントはご存知でしょうか。

amazonポイント

amazonでのお買い物の際にポイントが寄与されます。

【Amazonポイントとは】

これはアマゾンでの買い物の時に
1ポイント=1円として使える電子ポイント
といったところでしょうか。

ポンタやTカードなどのポイントと同様の物と考えれば理解しやすいでしょう。

ですがまだamazonポイント事態を国内の別の店舗での利用できるまでには至っておりません。

しかし、今後の展開を考えれば国内だけでは納まらないほどの驚くようなビジネス展開が期待できるハズです。

このamazonポイント自体は規定がやや多いのが特徴です。

例えば、1回の買い物で利用できるポイントの上限です。

え?って思う方もいると思いますが、10万ポイントという上限が設けられております。

これ以上は1度に利用することができない規定になっているのと、amazonギフト券・amazonコイン・デジタルコンテンツ商品の支払いに利用することができないルールとなっております。

実際に使うっとなったときは欲しい商品に利用しますのでこの辺りは支障はないとは思います。

また、ポイントが寄与されるに当たり寄与率が0.5%以上~1.5%未満のものは1%と表示されます。

そもそも少数点以下を設けて表示しないというところが日本の企業とは違った面白いところですね。

ポイントが寄与されるタイミングにも2種類があって仮ポイントと確定ポイントというのが存在します。

仮ポイントについはは確定待ちといったところで大体が支払いが完了した時点で商品が発送されますがそのタイミングで確定に変わります。

仮ポイントの状態では支払いができないので注意が必要です。

もちろんポイントにも有効期限がある事を忘れてはいけません。

有効期限は1年間、amazon.co.jpでの最後の購入日もしくはポイントの獲得日のどちらか遅い方から換算して1年間ということですが、良くも悪くもお手持ちのすべてのポイントが対対象になるようで全てのポイントの有効期限を伸ばすこともできれば、期限が過ぎてしまうと全てが失効してしまうそうです。

ですからギフト券もポイントに関しても有効期限を忘れないようにしなくてはなりません。

【公式】Amazonギフト券細則
2017年4月24日以降に発行されたAmazonギフト券の有効期限は全て10年となりました。

知らなかった!?amazonコインってあったんだ

amazonコイン
amzonコインはその名の通りアマゾン内で利用できる仮想通貨です。

有料アプリやアプリ内での課金が最大で15%もお得に利用できるというから驚きです。

通常のクレジットカードでの決済やamazonギフト券で購入するよりもお得になりますから利用価値は十分にあります。

しかもご自身で購入したコインについては有効期限を設けないというからうれしいですよね。

注意

但し、特典として無料で贈呈されたようなコインについては獲得日・購入最終日・コイン利用日のいずれか遅い日から1年間となっているようです。

実際は15%おトクになるといえどもゲームアプリやアプリ内課金のみにしか利用できないということですからゲームアプリをダウンロードしない人にとっては意味のない代物なのかもしれません。

amazonポイントからamazonギフト券やamazonコインの購入は不可となっており、それぞれのを1つにまとめたりすることは難しいようです。

色々な支払い方法や独自の電子マネーや通貨のシステムにより差別化を図ろうとしてはいるようですがそれぞれが弱点を補えるような関連性がほしいと思ったのがホンネです。